※こちらは「かいサポ(お買いものサポーターチーム)」が編集・執筆した記事です。


Photographed by AXIA LLC

ダウンジャケットでは寒さに耐えられない方必見。冬のアウトドアや防寒着にぴったりのアイテムがmachi-yaに登場しています。

エアロゲルジャケット」はNASAの宇宙服などにも採用される超断熱素材を使用しています。平均すると約−270℃と言われる、宇宙空間で過ごせる服に使われている素材ということで、その性能には期待が高まります。

ここでは、そんな「エアロゲルジャケット」について詳しくチェックしてきましょう。

超断熱素材エアロゲルの正体とは?


エアロゲルとは、前述の通りNASAの宇宙服にも使用される最先端の素材です。

一般的に、断熱性能や保温性の高さは、繊維の細かさと深く関係します。繊維が細かくなればなるほど、繊維の間により多くの空気層ができることで、外側の冷たい空気をバリアする力も高まります。

その点最先端素材エアロゲルは、なんと髪の毛の1/100程度、約1㎛の超微細な繊維で構成されている素材ということで、圧倒的な断熱性能を謳う理由も納得できます。


その性能は、なんと−196℃の冷気を吹きかけられても耐えられるほど。

吹雪の中でも、このジャケットさえあれば朝飯前なレベル…かもしれませんね。

より軽く、通気性もUP


これまでにも国内外のクラウドファンディングに度々登場し、注目されてきた同シリーズですが、今回はその進化版として登場しています。

使用素材をシリカエアロゲルからポリイミドエアロゲルへと変更したことで、より軽量で通気性の高いジャケットに仕上がったそうです。

保温・防風・撥水なのに、お手入れも楽ラク


誇るべきはそれだけではありません。もはや温かいジャケットを求める上では断熱とセットで欠かせない保温や防風対策もこれ1枚でバッチリです。


防風においては、なんと大型扇風機の風を直に浴びても、ジャケット内側に設置したキャンドルの火は消えないほどの高性能。強風や吹雪に見舞われても、体の温度は守ってもらえそうですよね。

これだけの高機能ながら、自宅で洗えてしまう強度も魅力的。

メインジッパーを閉め、洗濯ネットに入れたら、洗濯機の弱または手洗いコースをスタートするだけ。吊るし干し、低温アイロンもOKと、手軽にキレイを保てるのはかなりありがたいポイントです。

選べる2種類の丈


「エアロゲルジャケット」は、ノーマルタイプのG510と、丈が長めのロングタイプG511の2パターンが用意されています。コンパクトに着られるノーマルタイプも良いですが、より温かさ重視ならロングタイプでしょうか…。どちらも捨てがたい!

シンプルなデザインなので、スタイルやシーンを選びません。老若男女誰でも使えるので、贈り物にも喜ばれそうですね。

「エアロゲルジャケット」には、まだまだご紹介したいポイントがたくさんあります。ここでは紹介しきれなかった機能や細部へのこだわりなどは、下記リンク先のページで詳しく紹介されています。ぜひ覗いてみてくださいね

 

こちらもオススメ!無印良品の新作「3WAYブランケット」が家でも外でも大活躍なワケ

ワークマンの「防寒ブーツ」は、あったかいだけじゃない!今ゲットしておきたい理由があるんだ…

Ranking

RELATED ARTICLES