21

ひとりごはんのときに、もう一品あったらいいなと思うのが汁もの。

でも、1杯分のために鍋やおたまを使うのは、洗う手間が増えて面倒で……。

そんなストレスをなくしてくれる便利なアイテムを見つけて、絶賛愛用中です!

あのHARIOのシンプルなカップ

発見したのがHARIOの「ガラスのレンジスープカップ」

HARIO「ガラスのレンジスープカップ」977円(税込)※Amazon価格

商品名でもわかるとおり、レンジ調理でスープがつくれるカップなんです!

HARIOといえばガラスのメーカーとして有名で、コーヒーやお茶を淹れるためのアイテムが豊富ですよね。

まさかスープ専用のアイテムがあるとは思わず、驚きました。

同梱されていたのは、ガラス製のスープカップとポリプロピレン製のフタ。どちらもシンプルな見た目です。

説明書にはレシピが記載されていました。

スープカップには150mlと300mlのメモリがついています。

食卓にそのまま出してもOKな、シンプルな見た目が魅力。

それでは実際に使ってみます!

鍋も包丁も使わずみそ汁ができちゃった

まずはレシピを参照にして、みそ汁をつくります。

好みの食材材料と水、顆粒だしを入れます。

今回はしめじと油揚げ、小ネギを入れました。

お水は150ml入れます。

付属していたフタをして、600w3分半あたためます。

ラップが不要なのが地味にうれしい!

あたため終わったら、あとはみそを溶かし入れるだけ。

完成したら、そのまま食卓へ。カンタンすぎます!

しめじと油揚げは手でちぎって入れて、小ネギはカットされた市販品を使ったので、包丁もまな板も使いませんでした。

火を使わず5分以内に完成して、洗いものも最小限だなんて……。ちょっとだけ小腹が空いたときにも活躍しそう!

おかずづくりにも活躍!

なんとスープ以外におかずもつくれるのだとか!

レシピに載っている「ナスの煮びたし」をつくってみました。

ナスを1本半分切ってスープカップに入れます。

あとは麺つゆ、ごま油、みりん、おろししょうがを入れ、フタをして600wで4分あたためます。

かつおぶしと小ネギをちらしたら、完成!

「副菜が足りない〜!」と頭を抱えることが多いので、ささっと1品つくれてしまうのはありがたいです。

皿に盛り付ければ、レンジでつくったとは思えません!

和風のホッとする味わいで、ひとくち食べただけでリピートすることを心に決めました。

冷めてもおいしいので、つくり置きにもよさそう!

ズボラなわたしにうれしい時短アイテム

ほかにもトマトスープなどをつくってみましたが、手早く1人分の汁ものがつくれるのが大きなメリットです。

余計な洗いものを増やさずに、あたたかい汁ものが食べられるだけで毎食の満足度がアップしました。

デメリットとしては、レシピどおりにつくるとちょっと味が濃いかも。

でも、つくるときに味付けを調整すればリカバリーできるので、大きな問題ではありません!

スープカップを使ったオリジナルの時短レシピを編み出して、ごはん支度を楽にしちゃおうと思います。

今年は「緑茶」が飲みたいな〜。お茶時間がスマートになっちゃうグッズ4選

FrancFrancの「繰り返し使えるカイロ」は10秒でポカポカになるよ

Ranking