2


Photographed by にしやまあやか

ライフハッカー[日本版]より転載。

暖房費の節約方法には、皆さんいろいろと思考錯誤を重ねているのではないでしょうか。エアコンの設定温度を変えたり暖房器具を見直したり、方法はさまざまありますが、究極の節電方法はたくさん着込んで暖まることだと思うんですよね。

そんなの無理! という声が聞こえてきそうですが、クラウドファンディングサイトmachi-yaにて現在プロジェクト実施中の着る寝袋「モモンガ」があれば不可能ではないかも…?

冬場の室温は10度以下が日常な寒〜い家でも暖房なしで過ごせるのでしょうか? 今回「モモンガ」のサンプルをお借りすることができましたので、実際に家の中で着て過ごしてみましたよ。

大反響のアイテムがリニューアルして再登場


今回サンプルをお借りした「モモンガ」は、以前実施したクラウドファンディングで1000人以上のサポーターを集めた人気アイテムです。軽量かつ優れた保温性を持つサーモライト中綿を使用したあったかい着る寝袋が、さらなる暖かさと動きやすさを追求して帰ってきたということで、期待が高まります。

まずは、今回のプロジェクトに向けてパワーアップした部分をご紹介。1つ目のポイントは裏地です。シルバーの生地にポリエステルメッシュをボンディングしたことで保温力が向上したそうですよ。


2つ目は、動きやすさ。表地にポリウレタンを追加し、以前よりもストレッチ性が強化されました。ちなみにこの表地には、アウトドアやスポーツアイテムによく使われる破れにくい生地が使われているので、ガシガシ使えるのも良いですね。

撥水性能も日常使いには十分そう。霧吹きで水を吹きかけてみましたが、しっかり弾いてくれましたよ。

予想以上!暖房いらずな暖かさ


「モモンガ」があれば暖房なしでも過ごせるのか…?

私が試した結果では、これさえ着ていればエアコンを使わずに過ごせました!

着た瞬間こそ、布団に入ったばかりのようなヒヤッと感はあるものの、じわじわと体温が伝わり寝袋の中はすぐにポカポカに。逆に、暖房の効いた部屋では暑くて着ていられないくらいでした。

エアコンをつけていると乾燥やのぼせが気になるんですよね。そんな私にはピッタリのアイテムでしたよ。

意外にも、動きやすい!


「モモンガ」着用時はこんな感じ。身長160cmがMサイズを着用すると、ぼてっとしたペンギンみたいなシルエットになりました。でも、見た目に反して動きやすいんです。


足元を見てみると名前の由来になったであろう形状が見て取れました。この形状が起動力を高めてくれている感じがしましたよ。

裾がすぼまっているので、階段も裾を上げずとも踏まずにサクサク登れました! ガウンタイプの着る毛布では何度も裾を踏んで転びそうになったことか…! それを思うとかなりストレスフリーでした。

股下についているファスナーもポイント。お手洗いに行く際にはこのファスナーを開けて「モモンガ」から足だけ出せば、全身脱がずとも用を足せて便利でしたよ!


ちなみに今回は、厚手のデニムロングスカートの上から着てみましたが、まったく問題なく着られました。どんな服装でもすっぽり着られるので、いつでもどこでも大活躍な予感です。

使わない時はクッションとして


今回は「モモンガ」の魅力をインドア利用の想定でレポートしてみましたが、アウトドアはもちろん、災害などの非常時の備えにもピッタリだなと思いました。今すぐ使いたいアイテムがゆえに手元に届くのが5月というのがちょっと待ち遠しいところ。ただ、インドア派の私でも来年の冬に向けて先行投資もアリだなと思えるくらいに実用的でした。

付属のカバーに収納しておけばクッションとして使えるので、年中手元にあっても決して邪魔にはならないと思いますよ!

着る寝袋「モモンガ」をお得に手に入れられるプロジェクトは終了が近づいています。執筆時点では、一般販売予定価から20%OFFで手に入れられる早割リターンもまだ支援可能でしたよ! ぜひ一度、下記のリンクからプロジェクト詳細をご覧ください。

コレも気になる!アイリスオーヤマの「デスクヒーター」でデスクがこたつに…!

節電の冬。暖房を付けるか迷うときは、「洗える電気毛布」をぜひお試しあれ

Ranking