2

iPhone12、13、14シリーズに搭載されているMagSafeシステムを利用した、iPhoneの背面にくっつけてワイヤレス充電をするタイプのモバイルバッテリー。

様々なメーカーから販売されていますが、スマホスタンドで有名なMOFTからもMagSafe対応モバイルバッテリーが発売されたって知ってましたか?

プレミアムヴィーガンレザーを使った上品なモバイルバッテリー

MOFT Snap スタンドパワーセット(MagSafe対応)9,870円(税込)

2022年の9月末に発売したMOFTの「Snap スタンドパワーセット」。

パッケージをスライドするとすぐにバッテリー本体が登場します!

内容物はSnapバッテリーパック、Snap-onスマホスタンド、USB Type-Cケーブル、取扱説明書。

バッテリーパック単体での販売もされていますが、今使っているSnap-onスタンドが古くなってきたので「スタンドパワーセット」を購入してみました!

バッテリーパックにはプレミアムヴィーガンレザーが使用されていて、サラサラした手触り。

フェイクレザーとは思えない上品な質感がいいですね~!

バッテリーパックにスタンドがくっつくぞ

こちらがiPhoneにくっつく面。

サイドには電源ボタンがついています。

1度押すと電源オンで充電開始、2回押すと電源オフ。

クリック感もしっかりとあり、全体の見た目に合ったデザインも美しい。

反対側にはUSB Type-C端子。

こちらからバッテリーの充電と、ケーブルを使った有線での充電もできるようになっています。

このモバイルバッテリーの最大の特徴が「バッテリーパックの背面にもマグネットが内蔵されている」こと。

モバイルバッテリーを使う時に外したSnap-onスタンドをバッテリーにくっつけることで、普段通りにSnap-onスタンドをスタンドやグリップとして使えちゃうんです。

外出先で充電する際、外したSnap-onスタンドの行き場がなくなっていたのですが、これなら無駄がなくSnap-onスタンドも活用できますね。

iPhoneを横向きにしたフローティングモードでも充電可能なので、充電していることによる不便さは全く感じませんでした。

バッテリーパックの充電もスマートに

付属のUSB Type-Cケーブルは両側がType-C端子のものですが。

片側の端子がマグネット式になっています。

これをバッテリーパックに挿しておくことで。

バッテリーパックの充電もスマートにできちゃいます!

モバイルバッテリー本体とiPhoneへ同時充電してくれるパススルー充電にも対応しているので、荷物は少なくモバイルバッテリーとiPhoneを充電したい旅行などのシーンでも活躍してくれそうですね。

容量は3400mAhなので、私が使っているiPhone13miniでもフル充電はできないぐらい。

出力は最大7.5Wとなっています。

iPhone12、13、14シリーズの全機種に対応しているので、MagSafeタイプのMOFT Snap-onスタンドを愛用している方や、最近iPhoneを買い替えた!という方に是非チェックしてほしいモバイルバッテリーです。

ポケットにモバイルバッテリーを入れる生活、やめました。正解は「カラビナ型」だったのか!

いつでもどこでも理想の充電環境が整う! 今年は「持ち運び特化のコンパクト電源タップ」が大活躍する予感です

Ranking