4

みなさん、お風呂掃除好きですか? 浴槽じゃなくて、お風呂の床。

お風呂の床ってデコボコしてて洗いにくいですよね〜。

それで、いつの間にかくすんでくるし、置き場所も悩ましい、意外とストレス抱えてません?

使い勝手はもちろん、収納のことまで考えられたワザありブラシを見つけました! コレおすすめですよ〜!

azuma「浴室床洗い」で解決しました

azuma 浴室床洗い 2,200円(Amazon参考価格税込)

新しい浴室の床用ブラシが欲しくていろいろ探していました。

ホームセンターでは似たようアイテムがいっぱいありますよね。

どれがいいか悩みますが、「あるおもしろい機能」がついたazumaのブラシにしてみました。

見た目はシンプルなブラシですが、これ、浮くんです!

スポンジ自体は薄めですが、先端はコシのある硬めのブラシになっています。

このツンツンしたブラシが、デコボコした浴室の床もしっかり入り込んで、汚れをかき出してくれるんです。

溝も角もバツグンに掃除しやすい

浴室の床って、本当に掃除しにくい!

しかもわが家の床は白なので、余計に汚れが目立ちます。

このブラシは力も入れやすいですし、先端が溝に入ってるのもわかります。

また、直角なので角にもピッタリフィット!

ムダなくスピーディーに洗えますね。

右が掃除前のビフォー、左がブラシで洗ったアフターです。

かなりくすんでたのがわかりますね、ワントーン明るくなりました。

今までのブラシではここまで取れなかったので感動! ちなみに、水だけでここまで落ちましたよ。

まだ若干残ってる部分は、浴室用の洗剤をつけて洗うとスッキリ取れますよ。

このボタンに秘密があります

ところで、ここにボタンがあるんですが、何のボタンだかわかりますか?

ここをカチッと押すと、変形するんです。

ツメが外れて、持ち手が後ろに傾きました。

実はこれ、収納の準備なんです。

こうすると、一瞬で収納できるんですよ。

なんと壁にくっつくんです、ペタッと一瞬で収納できちゃうんです。

秘密はこの部分、磁石がついてるんですよね。

一般的なユニットバスの壁には、裏側に鋼板が入っているため磁石がくっつくんです。

これを利用したアイデア商品、ですが、鋼板の入っていない浴室にはくっつかないので、事前にくっつくかどうかチェックしてくださいね〜。

水切れも泡切れもよくて衛生的

横から見るとこんな状態、まさに浮いてますよね。

壁から離れてるので、乾きやすくて衛生的。

スポンジ自体も薄いので、水切れ、泡切れもいいですよ。

ただ、スポンジ部分は消耗品なので、だんだん劣化してきます。

その際は、スペアブラシを購入して付け替えればOK! 面ファスナーで簡単に取り外して交換できますよ。

洗いやすさもですが、とにかく収納が画期的すぎて感動しました。

手に取りやすい場所にくっつけておけば、掃除のハードルも下がって一石二鳥。

これは掃除ブラシの革命かも!

我が家のカチコチ水垢をラク〜に落としてくれたのは「話題のふきん」と水でした

トイレのゴミ箱、やめました。生活感を消してそのままポイッと捨てられるこの袋が万能すぎるんです

Ranking