仕事がある日は1人分とはいえ、ごはんをつくるのも食べるのもパワー切れ。

「パパッとつくれるいい方法ないかな?」と探していたら、ぴったりなアイテムを発見しました!

あの「野田琺瑯」の小鍋が便利なんだ!

野田琺瑯「ココナベ(個々鍋)小」2,526円(税込)※Amazon価格

ホーローメーカーの「野田琺瑯」に小さな鍋があったのです。

色は乳白色で、温かみのあるカラー。ちなみに墨色(渋黒)もあります。

500mlの水を注いで、いっぱいになるサイズ感。1人分の料理をするのにぴったりです。

IH、直火どちらでも使用可能。

ココナベが到着してから、1人分のごはんづくりに開眼してしまいました。どんな使いかたをしているか、ちょっとお見せしますね!

朝にお鍋の仕込みができるんだ

ココナベはお鍋ですが、ホーローなので保存容器としても機能してくれます。

今夜は遅くなりそうだな、という日は朝にお鍋の具材をココナベにセット。

そして、冷蔵庫へ入れて出勤。

わが家の冷蔵庫は小さめですが、邪魔になりません。缶ビールと並べると、コンパクトさが一目瞭然!

ヘトヘトで帰宅したら、白だしと醤油を水で割ったものを300ml注いで火にかけます。

ぐつぐつと煮えたら、はい完成! 夜に食べるのにちょうどいい量でした。

煮込むだけのカレーもおいしくできるんだ

鍋だけでなく、カレーもココナベでつくってみました。

実はココナベは「炒める」ことができません。ホーローは鉄をガラスコーティングしたものなので、焦げつきやすく、急激な温度変化が生じるとコーティングが剥がれてしまうのです。電子レンジの使用もNGです。

それならば、「煮込むだけのカレーってできないかな?」と考えて、思いついたのが鯖缶カレーでした。

鯖缶を入れてきのこをほぐし入れ、トマトピューレを注ぎいでセットしたら完了。

帰宅したら冷蔵庫から取り出して、ぐつぐつ煮込みます。ここまで、たった10分。

火を止めてカレールーを2かけ、イン!

はい、できあがり! でも一人前以上の量かも!?

そんなときは、蓋をして冷蔵庫で保存すればいいのです。翌日に食べるときは、このまま温めればいいのもラク〜!

そして、色移りやニオイ移りがしづらい、ホーローの良さも発揮してくれて、カレーの匂いも色も洗ったらスッキリと落ちました!

万能すぎるよ、ココナベ!

「拭き跡が残らないふきん」を発見。これがシンクやステンレス製品の掃除に大大大活躍だった

イケアが400アイテムを新発売!デスクやキッチンの「あの課題」を解決してくれるかも!

Ranking