1

PC・スマホ、キーボードにマウス、さらにはケーブルやガジェットなど、使っていると自然とゴチャついてしまうデスクの上。

デスクが片付いていないと、つられて思考もゴチャついて、結果的に集中力が続かないなんてこともしょっちゅうあるんですよね。

今年はデスク環境をこだわり抜きたいと考えていたところ、お馴染み「ギズ屋台」で良さそうなアイテムを発見しました。

デンマーク生まれのデスクアクセサリー

こちらは「NEVER ODD OR EVEN」シリーズ。デザイン大国デンマーク生まれの、高品質なデスクアクセサリーです。

このシリーズの特徴は、美しい木目を楽しめる無垢材と、それを支えるマットなアルミニウムの調和が楽しめるデザインだと思います。

単品でもセットでも、デスクに置くだけでスッと空間を引き締めてくれますね。

ワイドで使いやすいPCスタンド

NEVER ODD OR EVEN「エニウェアラップトップスタンド」 38,000円(税込)

1点ずつアイテムを見ていきましょう。

「エニウェアラップトップスタンド」は、横幅60cmのワイドなPCスタンド

手前に少しの傾斜がついていることで、PCをセットしたときに自然と目線の高さに合うようになっています。

この傾斜はキーボードの押しやすさもサポートしてくれます。筆者は基本的には外部キーボードを使っていますが、音量やディスプレイの明るさなどはキーボードで調整するため、この絶妙な角度が役に立っていますね。

また、マウスを使わない間は下のスペースに隠しておける点も美しいデスク環境構築に繋がると思います。

肌触り抜群のデスクラグ

NEVER ODD OR EVEN「スエードデスクラグ」 16,000円(税込)

「スエードデスクラグ」は、デスクの雰囲気をグッと大人っぽくしてくれます。

環境意識の高い北欧らしく、ヴィーガンスエードを採用しています。気になる肌触りは、作業の合間に撫でてしまいたくなるほど。

普段はデスクの上にそのままキーボードやマウスを置いていたのですが、デスクラグがもたらしてくれる安定感にはすっかり病みつきになってしまいました。

充電しながら使えるスマホスタンド

NEVER ODD OR EVEN「スマホスタンド」12,000円(税込)

「スマホスタンド」は、その名の通りスマホを縦に固定しておけます。

アルミニウムのスタンド部分には充電ケーブルを通せる隙間、そして木製のベース部分にはケーブルがぴったり沿う溝がつくられているため、充電しながらでもスマートにスマホを立てかけておけます。

ケーブル類をスッキリまとめるワイヤーガバナー

NEVER ODD OR EVEN「ワイヤーガバナー」 12,000円(税込)

「ワイヤーガバナー」は、ゴチャゴチャとしがちなケーブル類をスッキリまとめてくますよ。

フックにケーブルをクルッと巻きつけて、バンドの間に固定することで見た目も綺麗に、使いやすく整理できます。

ケーブル整理アイテムというと、目につかない場所設置するものが多いと思いますが、こちらはデザイン的にもデスク上に一緒に置いておけるのが良いんですよね。

ここにまとめるケーブル類にもこだわりたくなる……!

どれか一つを選ぶとしたら

素材にこだわっているため、どれもいいお値段がする「NEVER ODD OR EVEN」シリーズ。まずは一つだけ導入してみるか……?と考えた時に選びたくなったのは、「スマホスタンド」でした。

なんとなくデスクの端に置いていたスマホも立てかけることでスッキリと見えますし、定位置に置くことで惰性でスマホを眺める時間が激減

佇まいが良いからか、ここにスマホを置くと「よし、作業を進めるか」といった具合に、自然とスイッチを切り替えられるようになりましたね。

デスク環境が整うと作業効率もグンと上がるんだ

「NEVER ODD OR EVEN」シリーズでデスクアクセサリーを統一してみて、デザイン・機能ともにデスク環境が整うと、作業中のノイズが無くなって、集中力が上がることに気がつきました。

我ながら単純だな~とも思いますが、その効果はかなり大きいように感じます!

今年は自宅にこだわり抜いたデスク環境を構築して、作業をガシガシ進めたい人にぜひとも検討してもらいたいシリーズです。

Ranking