寒くなったり暖かくなったりと、気温の変化が著しい今日この頃。

とは言え、これからまだまだ寒い日が訪れるのが冬シーズンです。

特に登山やウィンタースポーツを楽しむなら、冷えすぎたり暑くなり過ぎないようにレイヤリングが大事。

ということで、レイヤリングにおすすめの1着をご紹介します。

保温&クーリングのダブル効果

Teton Bros.(ティートンブロス) 「Graphene Crew」 19,800円(税込)

年末に購入したTeton Bros.(ティートンブロス)の「Graphene Crew」。

位置付けとしてはミッドレイヤーだけど、ベースレイヤーとしても着れる1枚。コレがとても快適なんですよね〜。

グラフェンという炭素素材が生地に織り込まれているらしく、遠赤外線効果や熱伝導率の高さのおかげで薄手なのにとても暖かいんですよね。

そして、体の温度が上がってくると今度は熱を逃がしてくれて、体温を適度な状態に保ちやすくしてくれる二刀流の生地。暖かいのに汗冷えからも守ってくれる快適なレイヤーなんです。


年末年始にスノーボードで1週間ほど着用してみましたけど、その効果は実際に肌で実感しましたね。

気温差が大きくてレイヤリングが少し難しい日でも、いつも着用するインナーを1着減らした状態で快適に過ごせましたし、1着減らせたことで動きやすさもアップ!

薄いベースレイヤーじゃちょっと心配だな〜というコンディションのときは特に助かりますよ。クルーネックタイプなので、フード付きや襟付きとの組み合えわせのしやすさもGOODです。

街着でも部屋着でも使えちゃう


レイヤーウェアには珍しいウェストポケットやサイドスリットのシルエットは、ロンT代わりに街着や部屋着として着れちゃうカジュアルな一面も。

いかにも!みたいな、アウトドアっぽさがない、使い勝手のよさがGraphene Crewの魅力ですね。

冬以外の春や秋の涼しいときにも活躍してくれる1着だと思います。

残念なところ:気になるサムアンカー

Graphene Crewにはがっつり目のサムアンカーが備わってます。

もちろん便利な機能なんですけど、自分は使わないときが圧倒的に多いんですよね。

使わないときは手首周りがモコモコになっちゃうし、もう少しシンプルなタイプにして欲しかったなぁというのが素直な感想です。

何かと便利なウェストポケット


先述でも触れましたが、Graphene Crewにはウェストポケットが備わっています。これがちょっとしたときに助かるんですよね。

たとえば、登山中にスマホを触るために外したグローブを一時的に入れておいたり、逆にスマホが邪魔なときに入れておいたり……。

開口部が広く、カンガルータイプだから左右どちらからでも出し入れしやすいところもお気に入りです。

価格的に購入時は少し勇気がいりましたが、着用時の快適性とどこにでも着回しできる柔軟性に、思い切って買って良かったというのが本音です。

スノボウェアやレインウェアを洗うときにおすすめの「魔法の洗剤」、見つけた!

モンベルの「スーパーメリノウールタイツ」はチクチクしないのに、ずっと暖かいよ〜

Ranking