2

雪の降る我が家で欠かせない石油ファンヒーター。ですが、1台しかないため普段はリビング、寝るときは寝室へと部屋を移動させるのが重労働でした。

そこで、移動が楽になって部屋のインテリアにも馴染むアイテムを見つけたので紹介します。

山善の「平台車スマートフロア」

サイズは幅28.5×奥行41㎝×高さ6.4㎝で0.8㎏の軽量設計

カラーはホワイト、モカ、ダークブラウン、ローズピンク、オリーブドラブの5色展開で、部屋のインテリアに合わせて選ぶことができます。

さらにこの「スマートフロア」の魅力は、キャスターが見えにくいところ。横から見てもキャスターが隠れるようになっているので、“台車感”を感じさせないスタイリッシュなデザインがお気に入りです。

表面は若干ザラザラしたかご編み風。細かいところまでデザインされているのも嬉しいですよね。

キャスターにはエラストマーを採用しており、フローリングを傷つけにくい仕様

さらに、4輪自在なので360度くるくる回してもノンストレスで移動ができます。

正直、この値段だとキャスターの動きにはあまり期待をしていなかったのですが、どの方向でもスイスイ移動できるなんてコスパ最強すぎる……!

縦にも横にも、最大4台まで連結できる

ワンタッチでスマートフロア同士を連結させることができるので、用途に合わせて使い分けることができます。

このスマートフロアで便利だな〜と感じるところは、縦でも横でも連結できることなんです。

収納する場所のスペースや乗せる物に合わせてくれるので、無駄なく活用できるのがありがたい。

木造10畳サイズの石油ファンヒーターをスマートフロア1台に載せてみるとこんな感じでジャストサイズです。

スマートフロアより大きいサイズの物でも安定さえすれば問題なさそう。

続いて2台連結して載せてみました。これなら木造12畳までの1サイズ上の石油ファンヒーターでも問題ないサイズ感ですね。

耐荷重50㎏の安心感

耐荷重50㎏なのでけっこう重い物でもへっちゃらなんです。

移動時も重みでキャスターが動きずらくなることはありませんでした。

ベッドの下や下駄箱などの高さの限られた場所にも収納しやすい

アイリスオーヤマの衣装ケースも、2台連結すればぴったり収まります。これでクローゼットの衣替えの際もノンストレスで交換できそうです。

重い物は滑り止めマットが必要かも

1週間使ってみると、ストーブなどの重い物を移動させようとすると台の上で動いてしまうことが……。

スマートフロア自体を持てば問題ないのですが、ズボラな私はついつい本体を持って動かそうとしてしまうんです(笑)。

なので百均などに売っている“滑り止めマット”を購入してみることに。

これがあるとないとでは、安定感が大違い!

石油ストーブや大きめの加湿器を置く場合は、滑り止めを活用した方が良さそうです。

衛生面・デザイン面を重視したら、山善の「スチーム加湿器」にたどり着いた!

山善の「ステップストッカー」がベランダの小さなストレスを解消してくれた。

Ranking