1

なめらかさと美麗さを両立させた、すごいディスプレイが出ちゃいました。

世界最大の家電見本市であるCES2023にて、DELLのゲーミングブランドであるAlienwareから25インチのゲーミングディスプレイ「AW2524H」が発表されました。

その持ち味は、リフレッシュレート500Hzという爆速描画っぷり。

リフレッシュレートとは、ディスプレイが1秒間に描画する回数のこと。一般的なディスプレイは60Hz程度で、iPad Proなどは120Hzによるなめらかな描画を持ち味としています。

ゲーム向けのディスプレイには240Hzや360Hzといった高リフレッシュレートが採用されていますが、これは描画回数が多いとグラフィックの変化がいち早く視認できるためです。勝負の世界は、こうしたわずかな違いが勝敗をわけることもあるッ。

とはいえ、世界初のリフレッシュレート500Hzを達成したゲーミングディスプレイは、2022年5月に登場した「Asus ROG Swift 500Hz」でした。

でも、あちらはTN液晶だったのに対して、こちらはIPSパネルで500Hzを実現。IPSパネルは画質面で優れており、発色や視野角を犠牲にすることなく高リフレッシュレートを達成した点が画期的ですね。

ただし、500Hzネイティブではなく通常時は480Hz、オーバークロックで500Hzに届きます(DisplayPort経由でのみ。HDMIでは240Hzに制限される)。G-SyncおよびReflex Analyzerに対応し、DisplayHDR 400認定も取得。

eスポーツ系ゲームだけでなく、グラフィックを重視したゲームも楽しめる予感です。

価格は未定で今年3月下旬頃に米国で発売予定。500Hzもの爆速ディスプレイなら、お気に入りのゲームの勝率もグッと上がるかも?

Imege:CNET

ゲーミングスピーカーも揃えたいな…

スプラトゥーンが楽しくプレイできるイヤホン

Ranking