Text by Kinaco*

献立に迷ったときにパパっとつくれる「ピラフ」は忙しい日のお助けレシピですよね。

このたび、さらにカンタンにピラフがつくれる、あるスパイスと出合ってしまいました!

7種の九州の食材が入った無添加のスパイス!

ダイソー「九州だしスパイス 響王(ヒビキング)」108円(税込み)

それはダイソーで見つけた「九州だしスパイス 響王(ヒビキング)」! 化学調味料不使用、無添加の九州だしスパイスです。

なんと、火もフライパンも使わずに絶品本格ピラフがつくれちゃう、スグレモノ!

パッケージには“川越達也シェフおすすめ調味料”と書いてあり、ネットで調べてみると川越シェフは宮崎県出身だそう。

スパイスを構成するのは、佐賀県の玉葱パウダー、福岡県の八女抹茶、大分県の乾椎茸、宮崎県の江夏醤油パウダー、鹿児島県の鰹節、熊本県のうるめいわし、長崎県の焼きあご。全部で7種の九州素材を使用しています

説明書きでは、ステーキや唐揚げ、トンカツ、パスタなどにふりかけることがオススメされているのですが、そのまま炊きたてのごはんにふりかけて食べても美味しいんです。

今回は、ごはんに混ぜてレンジでチンするだけでカンタンにつくれるアレンジ・レシピ「ピラフ」に挑戦してみます!

さてどんなお味でしょう?

ボウルの中で混ぜてサクっと完成!

〈材料〉1人分
・九州だしスパイス 響王…小さじ1.5
・炊き立てのごはん…1合
・玉ねぎ…1/4個
・ピーマン…1/2個
・にんじん…1/4個
・ソーセージ…2本個 (ハムやベーコンでもOK)
・バター…10g

<つくり方>
1.具材を細かくみじん切りにする。


2.切った具材をボウルに入れてレンジで1分加熱。


3.具材が入ったボウルに炊きたてごはんと、バターを投入。よく混ぜる。


4.「九州だしスパイス 響王」で味付け。スパイスの塩分がお米に馴染んでくると味が少し薄く感じる人もいるので、お好みで塩胡椒をプラスしても◎。


5.最後に1分ほどボウルの中のピラフを電子レンジで加熱するとパラッとします。

手抜きとは思えない、絶品ピラフのできあがり!

混ぜごはんのような感じでカンタンにつくれるのに、味わい深い〜!

「響王」に使われている九州の素材を見て、和風の味なんだろうと想像していたのですが、実はガーリックやフライドオニオン、ローレル(ローリエ)、バジル、セロリ、コリアンダーなどもブレンドされていて、限りなく洋風に近い味がしました !

ホワイトソースとチーズをのせてオーブンで焼けばドリアにもできるほか、ハンバーグの下味やスープ、パスタの隠し味などにも使えます。

ダイソーで買えば、ほかのオリジナルスパイスと比べて価格も安く、無添加なのもうれしい。毎日味付けがマンネリ気味だなと感じている人はぜひ!

コレがあれば、「90秒でパラッと炒飯」が完成するよ!

無印良品の「190円で買える名作」が密かにバージョンアップしてる!

Ranking