新しいことを初めてみたくなるこの季節。

今年はコーヒーを本格的に楽しんでみようかなという方に、おすすめのアイテムがあるんです。

手のひらサイズのコンパクトな抽出アイテム

「AeroPress Go(エアロプレスゴー)」 8,580円(税込)

それがこちら、「AeroPress Go(エアロプレスゴー)」。空気の力でコーヒーを抽出するアイテムです。

付属品一覧(チャンバー/プランジャー/フィルターキャップ/スクープ/パドル/ペーパーフィルター/フィルターホルダー/マグカップ)

マグカップを少しだけ大きくしたようなコンパクトなサイズ感ですが、フタを外すとこれだけのパーツが収納されています。

抽出に必要なパーツはもちろん、マグカップまでセットになっているので、これひとつあれば気軽にコーヒーを楽しめるというのが嬉しいですね。

空気の力でコーヒーを抽出

使い方はとっても簡単。まずはペーパーフィルターをセットしたキャップを、チャンバーと呼ばれる筒状のパーツに固定します。

チャンバーの中にコーヒー粉を入れたらお湯を注いでいきましょう。

チャンバーにデザインされた数字で大体の湯量(③の上まで注ぐと200ml)を確認することができます。スケールを持っていなくても、常に同じレシピで淹れられるというのが良いですね。

お湯を注ぎ終わったらパドルをくるくると回して、コーヒー粉とお湯を均一にならします。

プランジャーをセットして、1〜2分ほど待機。

最後に、グッと一番下までプランジャーを押し込んだら完成です!

ちょっと工程が多いように感じるかもしれませんが、数回使えばすぐに慣れてハンドドリップよりも早く淹れられるようになりますよ。

香り豊かでとっても美味しい!

出来上がったコーヒーは、ハンドドリップとフレンチプレスの中間のような味わい

滑らかな質感で、苦味は少なく、どちらかというと香りが強調された仕上がりになります。

様々なレシピでコーヒーの魅力を堪能しよう

シンプルな淹れ方でも十分美味しいエアロプレスですが、レシピを変えることで様々な味わいを楽しめるというのも魅力のひとつ。

例えばコーヒー粉を20g、お湯を70mlで抽出すれば、カフェオレなどにぴったりなエスプレッソスタイルのコーヒーを淹れることができますし、それをお湯で割ることでアメリカンスタイルのコーヒーにすることもできます。

また、エアロプレス本体を逆さまにセットするインバート式と呼ばれる淹れ方をすれば、普通に淹れたときとはまた違った奥行きのある味わいに。

検索をすれば、世界チャンピオンをはじめとした様々なレシピを見つけられるため、エアロプレスひとつでコーヒーの魅力を隅々まで楽しむことができるんです。

もちろん、ハンドドリップでも様々なレシピを楽しめますが、エアロプレスの場合お湯を注ぐ工程がシンプルなため、練習をしなくても再現性が高いというのが嬉しいポイント。

筆者自身、こちらのアイテムを発売当初から愛用していますが、エアロプレスのおかげでコーヒーをより深く楽しめるようになったなとしみじみと実感しています。

コーヒーの持ち運びなら、味が変わらないこのタンブラーが良さそう!

コーヒー好きライターが選ぶ「2022年の買ってよかったコーヒーアイテム3選」はこちら!

Ranking