ずっとLEDランタンで満足していましたが、友人からもらったオイルランタンに夢中な今日この頃。

やや気を遣う使い勝手ではあるけれど、本物の火ってやっぱり格別。自宅でも楽しめる奥深さがあります。

初めてのオイルランタンは「キャプテンスタッグ」

キャプテンスタッグ「オイルランタン 中 ブロンズ」4,500(税込)

デイキャンプではありますが、去年から家族でキャンプ場へ出かける機会が増えました。

そんなわたしに友人がプレゼントしてくれたのが、キャプテンスタッグの「オイルランタン」

小中大の3サイズの中で、中サイズが我が家にやってきました。

燃料は「灯油およびパラフィンオイルを使用してください」と記載があるため、Amazonで検索してパラフィンオイルを購入。

パラフィンオイルってどこで買えるのか少し不安でしたが、ちょうど注ぎ口ノズル付きのものが売ってました。

早速、パラフィンオイルを注ぎます。注ぎ口が小さいので、ノズルがあるものがベター。

タンクの容量で燃焼時間が異なり、小は約10時間、中は約14時間、大は約20時間となっています。

リングを回すだけで火力調節。家の中でもあったかい…

オイルを入れ終えたらレバーを引き下げ、芯に着火。

商品自体の軽さも魅力の一つですが、レバーの引き下げ時には片手で押さえていないと倒れるので注意が必要です。

リングを回せば火力の調節ができるため、オイルランタン初心者のわたしでも難なく使いこなせます。

あまり火力を上げると、上部が熱くなって危ないかな〜。

それにしても、キャプテンスタッグのマークが、炎のゆらめきと一緒に輝いて癒される。

火をつけてテーブルに置くだけで、家の中でもテーブル周りが暖かいので、ティータイムや夕飯時に使うことも。

まだキャンプには持って行ったことはないけれど、オイルの取り扱いさえクリアすれば必須アイテムになること間違いなしだと思いました。

今は庭でも楽しんでるよ

家の中だけでなく、気分を変えてお庭やテラスで使ったりしながら、オイルランタンを楽しんでいます。

LEDのランタンは便利だけど、やっぱり本物の火の魅力はすごい。オイルランタンがあるだけで、自宅でもなんとなくキャンプ気分を味わえるのも良いです。

「扱いづらいかも」と思っていたオイルランタン。まずは自宅で使ってみるのが正解でした。

取り入れやすさなら、「小回りのきく照明アイテム」に限る! 3つ紹介するよ。

え、これモバイルバッテリー!? エレコム多機能すぎるよ……。

Ranking