いよいよ年の瀬。大掃除が終わったら、お正月の準備のスタートと、何かと忙しいですね。

お正月に食べるものといったらおせちはもちろんですが、お雑煮ですよね! お出汁や餅の形、具材においても、日本各地で特徴が出る料理の代表かもしれません。

そこで、ROOMIE KITCHENメンバーのお雑煮をピックアップ。「こんなお雑煮もいいかも!」と、アイデアのヒントになればうれしいです!

こぐれひでこさんのお雑煮

澄んだお出汁に、餅の白、人参のオレンジ、三つ葉の緑が映えます

こぐれさんは、連載「こぐれひでこの『ごはん日記』」で毎年、おせちとお雑煮を掲載しています。今回は、2020年年始の日記から紹介。

「今年はハマグリのお雑煮をつくってみました(大根、にんじん、筍、三つ葉、もち)」

はまぐりのお出汁とお餅の相性が気になります。真似してみたい!

こぐれさんのこの日の日記はこちらから↓

料理家・松本日奈さんのお雑煮

節目の料理事で中学時代を思い出します

連載「キッチンにひと工夫」でおなじみの松本日奈さんは、お雑煮をつくるときに必ず思い出すことがあるそうです。

丁寧につくりたい時は、大根を薄く輪切りにして、亀甲(六角形)の形に整えたものをお椀に乗せてから、その上にお餅をのせて、出汁を注ぎます。そうするとお餅がお椀にくっつかず綺麗に食べられるんです。

これは、中学校の調理実習で知って、日本料理って美しいなあと思ったことを、お雑煮をつくる時は、なぜか決まって思い出します

節目の料理事って、なんだか良いですよね。

日奈さんのお雑煮の記事はこちらから↓

ROOMIE KITCHEN編集長・山崎のお雑煮

お雑煮って海苔がとけているものだと思っていました

椎茸と鰹で出汁をとり、醤油、お酒、少しのお砂糖で味付けしたつゆに、海のりを煮とかした「のりつぼ」が地元の味

具材は焼いたお餅(焼いてから入れるのが香ばしくておすすめ)、かき菜、椎茸、豆腐、なるとが定番でした。

こののりつぼ、静岡県伊豆半島の小さな町の中でも私の地元の100戸程度だけで食べられているお雑煮だそう。子供の頃は、これがお雑煮のスタンダードだと思いこんでいました(笑)。

海のりがないときは、青さなどでも代用可能です。

海のりを使うよりサラッとした仕上がりになりますが、それはそれで美味。体の芯から温まるほんのり甘いのりのおつゆ。ぜひお試しください。

ROOMIE KITCHENライター・新海美保のお雑煮

京都で初めてつくった白味噌仕立てのお雑煮

丸餅と里芋、大根、そして京野菜の金時人参などを入れた白味噌仕立てです。

丸餅をはじめ、芋や大根、人参は輪切りにして丸く切り、「円満」を願います

金時人参は普通の人参よりも色が濃くて赤色に近く、白い味噌の中で良く映えます。

私は京都で暮らすまで白味噌はなじみがありませんでしたが、麦味噌や豆味噌とはまったく異なる汁物で衝撃を受け、すっかり虜になりました。

コクがあって繊細で、正月にふさわしい“はんなり”なお雑煮です。

ROOMIE KITCHENライター・菅野 照子のお雑煮

『SHUNNO KITCHEN』主宰・二部さんのお雑煮は器も素敵です

毎年恒例の新年会でいただくお雑煮は、野菜料理家の二部桜子さんによるもので、素材の美味しさを生かした合わせ出汁が、染み入る美味しさなんです。

東京出身だから、かつお&昆布だしの醤油仕立てのすまし汁。こだわりの本枯節と礼文島の利尻昆布に地鶏を入れた透き通るようなお汁に新潟産のお餅の組み合わせがとにかく最高ー!

飾り切りのにんじんや、ゆずの皮をあしらうなど、見た目の美しさにもこだわったお椀です。

2023年ならではのお雑煮をつくってみるのもいいかも

ROOMIE KITCHENメンバーだけでも、五者五様のお雑煮。そのバリエーションの豊かさに、改めて驚かされます。

いつものお雑煮もいいですが、2023年は違った味わいのお雑煮で年を始めてみてはいかがですか?

おうち焼き芋が超絶おいしくなる「秘密のコツ3つ」

Ranking