1


Photographed by a_smileKK

ライフハッカー[日本版]より転載。

スマホに腕時計、イヤホン、モバイルバッテリー…と、ガジェットが増えるに従い、充電の管理が追いつかなくなりがちです。こういったガジェットはすでに生活と切っても切り離せない存在になっているので、ふいにバッテリー残量が無くなろうものならQOLや仕事の生産性にまで影響が出ます。

こうした事態を避けるために、意識しなくても充電管理がバッチリこなせる、複数台同時充電システムを探している方もいるんじゃないでしょうか。machi-yaでプロジェクトを展開する7in1充電スタンド「Zikko」なら、4台のデバイスを同時に充電可能です。

デバイス3台のワイヤレス充電と1台のケーブル接続充電が同時にできて、ほかにもナイトライトやLEDクロックといった便利機能を備えた「Zikko」。少なくともリモート充電システムが普及するまでは、これを凌ぐ充電ソリューションは見つけられないんじゃないかと思わされます。「Zikko」に備わった機能について、より詳しく見ていきましょう!

スマホや腕時計は寝る前にポンと置くだけ


ケーブル接続の手間すらないワイヤレス充電を、対応デバイスには積極的に活用したいところです。「Zikko」では、なんと3台のデバイスを同時にワイヤレス充電可能。寝る前にスマホと腕時計、イヤホンをポンと置けば、朝にはフル充電の状態で持ち出せます。

USB-Cポートが1つ用意されていますので、ワイヤレス充電非対応のデバイスについてはこちらに繋いでおけばOKです。

生活必需デバイスが1カ所で充電できるのも煩雑さが減って嬉しいですが、なによりケーブル類がスッキリするのがありがたい点。部屋の景観が乱れる、掃除しにくいといった悩みともこれでおさらばできます。

ワイヤレス充電はQi規格対応。各充電パッド/ポートの出力は以下のようになっています。

  • スマホメイン充電パッド:最大15W
  • イヤホン充電パッド:最大5W
  • スマートウォッチ充電パッド:最大2.5W
  • USB-Cポート:最大7.5W

ナイトライトや読書灯なんかのお役立ち機能も


スマホの充電は縦置きのほか横置きでも可能なので、動画を観るためのスタンドとして「Zikko」を活用できます。前面のよく目につく位置にアラーム付きLEDクロックが備わっているので、時間を確認するたびにスマホをスタンドから取り外す必要はありません。


土台にはムーディーなナイトライトを搭載。ベッドルームの環境を整えるのにピッタリです。また、充電スタンドに高さがあるのを活かして読書灯の機能も。寝る前の読書習慣を「Zikko」がサポートしてくれます。

旅行先でも快適な充電環境を用意


「Zikko」は折り畳みも可能なので、出先でも自宅と同じ快適な充電環境が用意できます。特に泊りがけの出張や旅行などで、たくさんの充電器やケーブルを持ち歩く煩雑さに頭を抱えてきた方にとっては救世主になりそう。今後バッグに入れるのは、「Zikko」1台で済みます。


カラーはベーシックなピュアホワイトとマットブラックの2色展開。どんな環境にもマッチして使いやすいです。

7in1充電スタンド「Zikko」は現在machi-yaで支援を受け付けています。執筆時点では超早割の一般発売予定価格12,000円より35%OFF、7,800円(消費税・送料込み)からオーダー可能となっています。

デバイス充電にまつわる悩みはこれ1台ですべて解決。スマホからイヤホンまでをひと手に担ってくれる充電スタンドを導入して、デバイス類をバッテリー切れの不安なくフル活用できる環境を整えてみてはいかがでしょう。プロダクトのスペック詳細については、以下のWebページでチェックしてみてください。

コレも気になる!エレコムの新しいガジェットシリーズ、なんだかすごい上質だな…

充電器はコレ買っとけば間違いない!Ankerの最新充電器はコチラ!

Ranking