過ごしやすい季節もつかの間、急激に夜が冷え込むように。

寒い」「冬の乾燥で肌がカサカサする……」。

そんな毎冬の2大ストレスが、すぐそこまで迫っているじゃありませんか……!

このパッケージ、見たことある!

石澤研究所「温泉撫子 お米しっとりの湯 50g」220円(税込)

そんなこれからの季節にぴったりなアイテムを、薬局で発見。

それが、石澤研究所の「温泉撫子 お米の湯」です。

店頭でパッケージを見た瞬間、「ん? これ、見覚えがあるぞ……」と思わず足をとめました。

そう、石澤研究所といえば、お米のパックがその抜群の保湿力で人気ですよね。

入浴剤も出しているなんて知らなかったな……。

パッケージには薬用カサカサ・肌荒れ・ひび割れにという文字が。

公式サイトにも「入るだけでしっとり!全身うるおっちゃう」と書かれているのを見て即決。

カサカサ肌が気になる方や、乾燥が原因の肌荒れが気になる方などにおすすめとのこと。

保湿成分のコメヌカエキス温泉にも含まれている炭酸Naなどが配合されているそうです。

ふわっといい香りがたまらない

お湯をためて、いそいそと封を切ります。入れる前から、ちょっとビックリ。

すっごい、いい香り!

中身はこんな感じ

ふわあ〜っとお花のようなやさしい香りが、バスルームに立ち込めました。

ちょっとお米っぽい感じもあるかな。

硫黄や漢方などのにおいが苦手な方も、これなら親しみやすい香りだから使いやすいかも。

とにかくいい香りのものが好き(特にお風呂タイムは)な私は、これだけで「買ってよかった……!」と思いましたが、今回の目的は全身の保湿。

いざ、入っていきましょう。

とろとろの乳白湯に癒される

お湯に入れるとサ~ッと溶けて、あっという間に乳白湯のできあがり! 溶けてもいい香りだな……、最高。

そろりと足をつけると、わ、とろっとしてる

ほ〜んのりとろみを感じるお湯がやさしい肌触りで、すでに心地よい。

何かに似てるなと思っていたのですが、化粧水みたい!

べたべたしない、ほんのりとろっとした化粧水ってあると思うのですが、まさにそんな感じ。

化粧水を全身に塗るのは大変だけど、お湯に入れて浸かるだけでいいって最高じゃん。

いい香りだし、肌触りなめらかだし、体に負担をかけない熱すぎないお湯が合う感じ。は~癒される……。

お風呂あがりの感想は…

やっぱりただお湯をはるより、好みの入浴剤を入れると、いつもよりもしっかりお湯に浸かってしまうな……と時計を見ながら実感。

タオルで水気をとっていざ肌を触ってみると、気のせいかもしれませんが、心なしか手足の肌がしっとりしてる気がするよ!

私の場合もちもちとまではいきませんでしたが、しっとりさは感じられました。これはリピ買い決定です。

気分に合わせて選べる3種類

初回で気に入ったので、週末風呂で楽しもうと同シリーズの3種類すべてを買ってきました。

全身を手軽に保湿したい方は、今回の「お米の湯」(乳白湯/花の香り)を。

背中のニキビや肌のザラザラが気になる方は「重曹の湯」(透明湯/森の香り)を。

肩こりや「今日の疲れを癒したい!」なんてときは「お塩の湯」(にごり湯/木の香り)がいいそうです。

そんなの全部使うよ! 使いますとも……!

手軽に温泉気分を味わいたいという方は、お湯や香りの好みでチョイスしても楽しめそう。

好みの入浴剤を味方に、今冬の寒さに打ち勝っていきたいものです。


無印良品の隠れた逸品「薬用保湿入浴液」、使って大正解だった!

LUSHの金木犀の香りがするこれが「湯船に浸かるモチベ」を上げてくれたよ

Ranking