2

家でも外でも、コーヒーをよく淹れます。

その時はコーヒー豆を挽くところから、ドリップスタンドとフィルターのセット、そこに挽いた粉を入れてお湯を注ぐまで、全て手でやります。

この一連の動作が好きですし苦にもならないんですが、「コーヒーを淹れる工程」ってコーヒーメーカーなどの大きいマシンを使うほどは手順が楽になり、小さいツールを使うほど手順は細かくなっていきますよね。

でも、外でもコーヒーを淹れたいなってときには、マシンとツールの中間ぐらいの存在があればちょうどいいのになと、常々思っていたんです。

ハンドドリップオールインワンツール

そんななか、携帯性と手軽さを両立したコーヒーアイテムを見つけたんです。

「ATONCE(アトンス)」というこちらの円柱状のモノがそれ。大きさは1Lペットボトルくらいなサイズ感ですね。

説明を読む限りでは、なんとこれ1台に

・電動ミル
・コーヒーフィルター
・ドリップスタンド
・マグカップ
・保温ケトル

の機能が詰まっており、お湯を沸かす以外の“コーヒーを淹れる作業”が完結するんです。まさにオールインワンコーヒーツール!

円柱状の本体をひねって中のツールを全て出すとこんな感じになっていますよ。

左から、マグカップ、フィルターとミル、ミルのモーター部分、ケトル、ケトルの蓋です。

マトリョーシカかってくらい、内部にきっちりとツールが詰まってますね。

電動ミルとフィルターの気が利いているな

「ATONCE」の中核をなすのが、この電動ミル。

TYPE-Cで充電できて、粗挽き~細挽きまで五段階の細かさで、豆を挽き分けられる高機能っぷりです。

挽いている最中はランプが点灯し、挽き終わったら自動で停止。電動ミルって意外と止め時がわからなかったりするので、これはありがたい。

この高機能なミルだけじゃなく、フィルターも秀逸。

挽き終わったらすぐ下に直結しているステンレスのコーヒーフィルターに、粉がそのまま自動装填されるんです。

このラクさがとにかくたまりません。粉がうまく入らず周りにぶちまける心配も無用。

フィルターについてる爪を開いて、マグに乗せ、お湯を注げば美味しくコーヒーが淹れられます。

この爪も出し入れ可能になっていて、使わない時はスッとフィルター本体に収まるスムーズ構造。よくできてるな~と感心しちゃいましたね。

お湯だけは沸かせない

最初にパーツを見たときに「ケトル」ってあったんで、まさかこいつ電熱でお湯も沸かせるのか!? と思ったんですが、さすがにお湯は沸かせず

よくよく説明書を読んでみると、「ケトル」はドリップするために他で沸かしたお湯を移すための容器部分のことでした。感覚的には保温ポットですね。

ちなみにケトルの蓋には、ドリップ用に細くお湯を出せる注ぎ口がついているので、ドリップするのは楽でしたね~。

もちろん味も問題なし

こんなにコンパクトなコーヒーメーカーを使うのが初めてだったので、ちゃんと挽けてるかなとちょっと心配だったのですが、そのあたりは全然問題なく。

しっかりとコーヒー豆の香りや味わいを引き出すことができ、美味しく飲むことができましたね。

手のかじかむ冬の屋外でも、豆から挽けて美味しいコーヒーを淹れられるのは素晴らしいな……。

これだけ持っていけばOK!な感じが頼もしい

あれだけ多数のツールが無駄な出っ張りもないツルッとしたパッケージに収まっているので、とりあえず鞄に突っ込んでおけばOKという手軽さがあります。

また各パーツはネジ式でがっちり密閉。粉が落ちてきたり水滴が漏れてくるといった心配がないのも心強い。

個人的には車に常備しておいてドライブがてら手軽に1杯淹れる、といった付き合い方が好きですね。

家でも外でもかんたんにコーヒーを淹れてくれる「ATONCE」。これからコーヒー始めてみようかなという方には省スペースなコイツが特におすすめですよ~。

あえて「デカフェ」が選ばれる理由って? ネスレに聞く、カフェインを気にせずコーヒータイムをもっと楽しむ方法

あのHARIOが展開する「カフェ」に行ってみた。メーカーだから実現できる、人とコーヒーとの“おいしい”関係づくりとは

 

【CoSTORYとは?】

CoSTORY(コストリー)』は、友人や家族・同僚などと一緒に、楽しくお得にショッピングができる”共同購入”の体験を提供する、新しいソーシャルコマースプラットフォームです。

24時間以内に設定された人数以上で買い物を行うことで、最大50%OFFの特別割引適用・限定商品をGET※など、一人では得ることのできない特典を受けることができます。

※特典内容や、購入成立のための必要人数は、商品によって異なります。
※個別配送のため、他の購入者に個人情報が共有されることはなく安心です。
※その他ご不明点は、チュートリアルおよびQ&Aを参照ください。

Ranking