3

寒い季節の定番アイテム、吸湿発熱インナー。

ユニクロのヒートテックをはじめとした商品が人気ですが、特性上、皮膚から発生する水蒸気を吸収して発熱する為、肌が乾燥してしまい、着ていると痒くなるという方もいますよね。

私もその一人で、乾燥しやすい冬という季節も相まってカサカサになってしまいます。

そこで、できるだけ天然素材を使っていて暖かく着られるインナーをと探してみると無印良品に気になるアイテムがありました。

優しい肌触り、着ていて気持ちいいインナー

無印良品 あったか綿 クルーネック長袖Tシャツ 990円(税込)

無印良品の天然素材である綿をメインに使った「あったか綿シリーズ」。

こちらは薄手のクルーネックですが、さらに寒い時用の厚手やウール混、ハイネックのものやタイツなど「あったか綿シリーズ」からはさまざまなものが販売されています。

身長175cmでLサイズを着用しています。

素材は綿82%、レーヨン11%、ポリウレタン7%となっていて、湿気を吸収して発熱する綿本来の吸湿発熱を利用したこのインナー。

綿は化学繊維がメインのものと比べて、肌の油分を過剰に吸収しない為、綿の混率が高いこのインナーは肌が乾燥しにくいんです。

シルエットはタイトすぎるということもありませんが、薄手なこともあって身体のラインが出やすいですね。

インナーとは言え、ピッタリと肌に密着するのが苦手という方にはちょうどよく身体に沿う感じだと思います。

伸縮性も高く、着ていてストレスは全く感じません。

優しい肌触りにストレスフリーな着心地。

「あったか綿」と言うだけあって薄手ながら本当にちゃんと暖かいぞ!

インナーっぽく見えすぎない自然な風合い

レーヨンの控え目な光沢感と綿の自然な風合いの生地は「いかにも肌着」といった感じはなく。

上からカーディガンやシャツを羽織るような着方をしても良さそうですね。

1枚で着ているとさすがに肌着っぽさがありますが、襟ぐりも詰まっていてだらしなく見えることもないので、重ね着して見えるぐらいなら問題なく使えそうです。

無印のインナー、こんなによかったんだ

この商品は黒、白、ダークグレーの3色展開で厚手のものにはダークネイビーやスモーキーグリーンなどの色もあるようです。

ちなみに薄手のこの商品だと白はちょっと透けやすいですね。

税込990円なら、秋冬の寝間着にするのも良さそうだな~と思うぐらい気持ちいい着心地。

無印のインナー、こんなにいいならもっと早く買えばよかった!

本格的に寒くなるこれからの季節に、インナー選びの参考にしてみてくださいね~。

11月、買ってよかった「無印良品の隠れた逸品」3選

買ってよかった「ユニクロのルームウェア」3選

Ranking