3

コーヒーが美味しい季節ですね。家ではコーヒーメーカーをつかうぼくも、キャンプでは手で淹れるようにしています。

そのときに細ーくゆっくり注げるドリップケトルがあればより美味しくなるのは分かっているんですが、わざわざそのために荷物が増えるのもなんだかな、と。

普通のケトルだと勢いよくお湯が出ちゃうんですよね。

あきらめかけていたところで、パール金属が気の利いたアイテムを出しているのを発見しました。

後付けでドリップケトルにできるアイテム

それがこちら、パール金属の「ベジクラ 変身ドリップケトル」です。

一見何に使うかわからない、鳥のくちばしのような金属片ですが、

これをケトルの入り口に差し込むことで、金属片を伝ってお湯が落ちるようになり、細~く注ぐことができるようになるんです

取り付け方も本当に単純に差し込むだけなのでめちゃくちゃかんたん。いままであきらめていたのは何だったんだ……。

めちゃくちゃ嵩張らない

言ったら薄いステンレスの板なので、持ち運びや収納のストレスはほぼ0です。

ドリップケトルと普通のケトルを両方持ち運ぶことを考えると、圧倒的な収納対効果。

軽い、スペースを取らないのは正義ですよね。

注ぎ口が丸いケトルの方が使いやすい

金属の反発を利用して板バネのように保持する設計になっていますが、コールマンのケトルのように注ぎ口が三角形のモノはちょっとズレやすく、いい位置になるまでちょっと神経つかいますね。

元々丸い注ぎ口のケトル用みたいなので、自宅にあるケトルの注ぎ口によってはちょっとだけ注意してください。

手軽にドリップケトルを

いままでは、しぶしぶつかう普通のケトルからドバッとお湯が出てしまい萎える、を繰り返していましたが、「変身ドリップケトル」のおかげでスッキリした気持ちで淹れることができるようになりました。

家の中でハンドドリップする頻度も増えましたね。

コーヒーは好きだけどアウトドアでは荷物を減らしたいと願う人はもちろん、1人暮らし等でキッチン収納の少ない人も罪悪感なく購入できます。

価格もお手頃なので、とりあえず自分でコーヒー淹れてみようかな、という入門用にもおすすめですよ。

Ranking