Amazonですごいものを見つけました。

その名もオール・イン・パスタ「ラ・プロンタ」です。

「プロンタ」はイタリア語で「準備OK!」という意味。

麺と具材が一つのパッケージになっていて、これを丸ごとお鍋に入れて煮込むだけで、めちゃめちゃおいしいパスタができるというもの。量はどれも2人分。準備OKすぎる。

つくっているのは、イタリア・プーリア地方で代々高級食材店を営んできたティベリーノ家のマンマ、リーナさん。紛れもない「本場イタリアの味」です。

今回は個人的においしかった3種類をランキング形式でレビュー。最後につくり方も紹介しますね。

【第1位】ポルチー二茸のパッパルデッレ トリュフオイル付き

ラ・プロンタ「ポルチーニ茸のパッパルテッレ トリュフオイル付き」1,490円(税込)

1位はエミリア・ロマーニャ州の名産、ポルチーニ茸のパッパルデッレ! これがお鍋一つでできるなんて奇跡です。

モチモチの麺に、ポルチーニ茸の香りとうま味が絡まってお口に広がります。

別添えのトリュフオイルのおかげで香り倍増。塩味が抑えめなので、お好みで加えるといいと思います。

ちなみにメーカーのオススメのアレンジは、生クリームとバターを加えてクリームソース仕立てにするというアイデア。次回やろう。

【第2位】​​サルデーニャ産マグロのからすみスパゲッティ レモン風味

ラ・プロンタ「サルデーニャ産マグロのからすみスパゲッティ レモン風味」1,058円(税込)

第2位はサルディーニャ産のマグロのからすみを贅沢に使ったこちら。

なんといってもからすみの旨味。お酒にも合いそうなパスタです。

最高の脇役はレモン。乾燥のレモンピールが入っているのですが、さわやかな風味がからすみの風味とベストマッチです。塩味しっかりめ。仕上げにオリーブオイルをたっぷりかけるのがオススメです。

ちなみにメーカーのオススメのアレンジは、大葉トッピング。次回絶対やろう。

【第3位】スパゲッティ・アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ

ラ・プロンタ「スパゲッティ・アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ」1,058円(税込)

ナポリ発祥のペペロンチーノ。シンプルなこのパスタも自分でつくのとは雲泥の差に仕上がります。

まず麺。ご覧ください鮮やかなイタリアンカラー。緑はほうれん草、赤はトマトが練り込んであって、その風味もちゃんとします。

もちろん主役はニンニクの風味ですが、玉ねぎやポルチーニ茸、西洋ネギなどを使った野菜コンソメの旨味が効いていて、これは家では出せない味わい。塩味はしっかりめ。

メーカーのオススメのアレンジは、白ワインとアサリを加えること! おいしいに決まってる。次回やろう。

お湯を沸かして、煮込んで、オイルをかけるだけ。調理時間は約10分

サクッと調理方法を、一番おいしかった「ポルチー二茸のパッパルデッレ」でご紹介します。

一番大事なのはお湯の量! 種類ごとに微妙に違うので、パッケージの裏を見ながらやってください。

1.水650mlを鍋に沸かす。少ないように思うけれどこれでよし。

2.袋の中身を全部いれる。麺がお湯の中にしっかり浸かるように、茹でながらぐいぐい押し込む。

3.蓋をして中火に。麺が鍋にくっつかないように時々かき混ぜながら13分ほど煮る。

こんな感じになります。

4.煮汁がお玉1/2くらいにまでなったら火を止めて、蓋をしたまま1分ほど蒸らす。残った煮汁を麺に吸わせるように。

5.バター大さじ1を加えて混ぜる。

6.お皿に盛って別添えのトリュフオイルをかければ完成。

めちゃくちゃカンタンにできるご馳走パスタ。

自然な調味料を使っているので、味わいは全体的に優しいです。お好みでハーブやスパイスを加えるのもいいと思います。

ディナーのもう1品に加えてみてはいかがでしょうか?

牛乳に挽いた豆をつけ置きするだけの「ミルクブリューコーヒー」がおいしすぎ!

立ちっぱなしでも疲れない!自衛隊員も使う「最強の靴下」がこんなにふかふか!

Ranking