※本記事は2022年10月11日の記事を再編集して掲載しています。
Text and Photographed by oh!ga

キッチンでの洗い物ストレスを解消するアイデアは数あれど、それをスタイリッシュに叶えているアイテムは多くないと思います。

真っ白な洗い物カゴとか厚手のタオルとか、食器の水切りをするにはどうしても生活感が出てきてしまうんですよね。

そんなキッチンストレスを見事にクリアするアイデアを教えてくれたのは、ROOMIEライターのoh!gaさん

oh!gaさんがバーカウンターでお酒を飲んでいるときに「これだ!」と直感した、プロ御用達のアイテムとは?

バーでよく見る「バーマット」

バーでお酒を飲む人ならばどこかで出会ったことがあるであろうアイテム。いわゆる「バーマット」ってやつですね。

コレを家の中で使う、という感覚がいままでなかったんですが、いざ使ってみると水切りとして優秀だったんです。

タオルの場合、使って洗濯してを繰り返していたんですが、ゴム製のバーマットは水洗いしたあとに水気を切ってあげればすぐ使えるようになります。

この、いちいち洗濯する作業が省略できるのがだいぶラクだな~と。

場所を取らない

Amazonで結構色々なサイズが買えますが、僕は58×8cmのものを購入。シンクの幅に対して収まりがいいサイズだったので、すんなり落ち着いてくれました。

高さは1cmくらいなので、場所も取らずに置けるのがいいですよね。この1cmの高さもちょうど良くて、適度な高さが空気を入れてくれるので乾きが良いんです。

大物を乾かす時は立てかけて

幅8cmだと大きいものを乾かすには足りないじゃんと思ってたんですが、ゴム製の強みがここにも

鍋を立てかけて乾かしてもバーマット全体がゴムで滑り止めなので、遠慮なく立てかけることができますよ。

立てかけることで水が落ちる部分は8cmでも十分なんです。元々グラスを乾かす為に買ったんですが、大物でも行けるのは嬉しい誤算でした。

出しっぱなしにできる嬉しさ

手洗いでもカトラリーや鍋なんでもござれでかなり頼りになるのですが、一番のメリットは洗い物を出しっぱなしにしても格好がつくこと

普通、出したグラスをそのままカウンターに置いてあると「出しっぱなし」になりますが、バーマットの上に置いておくと「あえて置いている」になってくれる気がしてます。

すばらしい。めんどくさがりの味方なんですバーマットは(もちろん、乾いたグラスはその後ちゃんとしまいますよ)。おうちにカウンターキッチンがある人もない人も、ぜひ使ってみてもらいたい逸品なんです。

ちなみに、現在楽天では「楽天ブラックフライデー2022」が実施中! 「ショップ買いまわり」に事前エントリーすると楽天ポイントが最⼤10倍になります。

ご紹介した「バーマット」もポイントアップ対象商品だったので、ぜひこの機会にチェックしてみてくださいね~。

Ranking