そろそろ大掃除の季節も近づいてきましたね。

我が家では無印良品の「伸縮式掃除ポール」を愛用してきました。ポールの長さを調整できるため、力を入れたい床掃除は長めで、ガラス掃除は短めでと使い分けていたんです。

ただ、長い間使用しているうちに、調節部分が緩んで、力を込めると「スコン」と短くなってしまうように。

買い替え時だとあきらめて、同じ無印良品から、長さの異なる2本の「木製ポール」を選んでみました。

二刀流が調子いいな

買い替え前の伸縮ポールでは、一番長い状態か短い状態かのどちらかでしか使っていなかったので、「木製ポール」も最長の110cmと最短の55cmの2種類を購入

2本に分かれたことでよく使うスキージーやはたきは55cmの方に固定し、逆にモップやデッキブラシは110cmに固定しておけるようになり、付け替えの手間から解放されました。

1本だけだと毎度付け替えしなければいけませんが、都度必要な方を選ぶだけでよくなったのは快適ですね。

思いっきり力が入るのでやっぱり掃除がしやすいな

ベランダのタイル掃除や床にモップをかける際なんかは、木製という安心感からしっかり体重がかけられるので、はかどり方が段違いに。

木製ポールは手に馴染む細さですが、折れそうになるような不安も全くなし。

掃除用具を丁寧に扱うというのもなんだか本末転倒なので、伸縮ポールに比べて力加減を気にしなくていいのは嬉しいですね。

残念なところ:ちょっと割高かな

「木製ポール」、力も入れやすいかつ部屋なじみも良くて重宝しているんですが、木製じゃない「伸縮式ポール」と比べて値段が高いのは玉に瑕。

伸縮ポールは390円程度ですが、木製ポールは110cmは1490円、55cmでも1290円とちょっと割高に感じます。

出しっぱなしにしても耐えられる質感

木製ならではの温かみがあるぶん、出しっぱなしにしていても許される雰囲気がありますよ。

しまい込まなくても常に手の取りやすいところに置いておいて、こまめに掃除するといった使い方をするなら、「木製ポール」がおすすめです。

僕は力の入れやすさで「木製ポール」にしましたが、「伸縮式ポール」を使ってる方でも2本用意しておくと、無印の掃除システムがもっと便利に使えると思いますよ!

とにかく長短2本あったほうがいいのは間違いない。

無印良品のこども用品のなかで、絶妙に使いやすい収納アイテムと出会えたよ

Ranking