秋から冬は、柿やりんごなどいろいろな果物が並ぶ時季。朝食やおやつに、毎日食べたくなります。

ただ、包丁を使って皮をむく果物は、少々面倒に感じることも。皮をむくときうっかり手を切ったことがある人は、さらに億劫に感じることもあるのでは?

そんなとき不意に出会ったのが、貝印のこちらのアイテム。スティックのようなステンレスの棒ですが、とっても使いやすくてびっくりしたんです。

ピーラーに「I型」があるなんて!

貝印「SELECT100 I型ピーラー」1,010円(税込) ※Amazon価格

このステンレスの棒は、なんとピーラー。貝印の「I型」ピーラーです。

ピーラーというとT型のものが思い浮かびますが、このように、まっすぐなスティックタイプの「I型」もあるんです。

使い方はというと……もちろん通常のピーラーと同じように使うことができます。

にんじんやごぼうなど、細い形状のものの皮をむくとき、シュッシュッとスムーズに皮がむけます。T型のピーラーに慣れていましたが、個人的にはI型の方が扱いやすい印象です。

I型のピーラーは丸いものの皮むきに便利

このI型のピーラーは、実は包丁やペティナイフのようにも使うことができ、丸いものの皮むきに適しているんです。

写真のように、包丁やナイフで皮をむく要領でI型ピーラーを使い、りんごの皮を簡単にむくことができました。

包丁を使うのが苦手でも、I型ピーラーならスルスル〜とむけるので感動しました。

小さなむき残しは、ピーラーとしてシュッシュッと取り除けばOK! ピーラーにもなるし、包丁やペティナイフ代わりにもなる便利な1本です。

ハンドルは握りやすくて気持ちいい〜

持ち手のハンドル部分は、波型になり、手にフィットして握りやすい構造をしています。おまけにすべりにくいので、使うときにストレスがありません。

手になじみやすく、手の大きさに関わらず使えそう。家族で共有しやすい調理道具だな〜と感じました。

U字のココの正体、知ってた?

ちなみに、ハンドルの右上にあるU字型のコレ、みなさん何か知っていますか? 

私は引っ掛けるときに便利なフックとばかり思っていましたが、実はじゃがいもの芽取りに使えるんです。

じゃがいもの芽や気になる傷、芯に当て、くるっと回すだけ。きれいに取り除くことができます。

柿の芯の部分をササッとくり抜いてみました。ラクでびっくり!

皮が薄〜くきれいにむける!

丸いものの皮がむきやすく、じゃがいもの芽などの細かい部分もきれいに取り除けるI型ピーラー。柿やりんご、にんじんの皮をむいてみたところ、この通り、皮は薄くきれいにむくことができました

じゃがいもやりんご、柿などの丸いものはもちろん、にんじんや大根、ごぼうなどにも形を問わず自在に使えます。

オールステンレスで衛生的なのもうれしい

ハンドルから刃の部分まで、すべてステンレス製。お手入れがしやすい構造なのでとっても衛生的。食洗機も対応しています。

ちなみに刃の部分の構造は、半円のカーブに。皮が詰まってもラクに取り除けます。刃がむきだしになっていないので、使うときもお手入れをするときも、安心して扱えそうな気がします。ホッ……。

ピーラー兼ナイフって斬新! そして安心!

ペティナイフのように皮をむけるし、通常のピーラーとしてももちろん使え、かつ芽取りもスムーズにできるI型ピーラー。

1本で3役こなす逸品! シンプルな構造&コンパクトなので、収納場所も選びません。

おうちで使ったり、キャンプなどアウトドアシーンでも何かと重宝しそうです。

ピーラーを既に持っていたのでI型ピーラーは不要かな〜と思いましたが、T型とI型、手持ちの包丁やナイフをうまく使い分けると、調理のちょっとしたストレスや手間が減るぞ、と実感。

自炊派の人も、調理をあまりしない人も、1本持っていると何かと便利ですよ。

楽天ブラックフライデー開催中

こちらもオススメです↓

左利きでも使いやすいピーラーならこちら↓

貝印の名品を見つけたよ。かた〜いあの食材がス〜ッと切れてストレスゼロになったんだ

コップ1杯分の水分補給ができる! サーモスの新作・ケータイマグはお家コップとして最強だ

Ranking