1

Amazonや楽天市場で買い物する機会が多いと、いつのまにか溜まってしまうダンボール。

回収日までできるだけバラバラにならずに整理整頓しておきたい……そんな気持ちを叶えてくれるアイテムを3つご紹介します。

山崎実業のダンボールストッカー

ダンボールが増えてしまった結果がこちら。だいたいこの状態でげんなりします。

見た目もスペースもストレスだし、これをキレイに重ねて束ねて…… もうストレスの塊でしかない!

山崎実業 「ダンボール&紙袋ストッカー フレーム」約W28×D23×H45㎝ 2,691円(税込)※Amazon販売価格

そこで導入したのは、山崎実業の「ダンボール&紙袋ストッカー フレーム」。スチール製なのでかなり頑丈です

組み立ても10分かからず簡単でした!

早速ダンボールを入れてみるとこんな感じ。思った以上に入ります。

ダンボール10枚入れてみましたが、まだまだ入りそう。もちろん、紙袋もたっぷり収まりそうですね。移動もしやすくてラクチンです。

山崎実業 「ダンボールストッカー」

山崎実業 「ダンボールストッカー」 約W30×D23×H43.5cm 4,180円(税込)

ちなみに、山崎実業には少し大きいタイプのダンボールストッカーもありましたよ。

もっと詳しいレビューはこちらから↓

ダンボールを持ち運びやすくなる

コジット 「持ち運びできる段ボールストッカー」 1,628円(税込)

コジットの「持ち運びできる段ボールストッカー」もダンボール整理に大活躍。

取っ手の端を外すと、鋭い部分が出てきます。

※刃先は鋭いので取り扱いには注意が必要です。

これを勢いよく一気に刺してしまうと怪我をしてしまう可能性があるので、気を付けながらゆっくりしっかり段ボールに刺していきます。

ちなみに、先がとても鋭く、また手のひらで握りやすい形状をしているので、あまり大きな力を入れなくても段ボールに刺すことができます。

8〜10枚程度の段ボールをまとめて刺すことができるのですが、突き刺した後は先ほど外した所を元に戻します。

するとこの写真のように、段ボールを持ち運ぶための取っ手が簡単にできるのです!

もっと詳しいレビューはこちら↓

宛名消し&ダンボールカットがこれひとつ

PLUSの「ケシポン」

PLUS 「ケシポン」 箱用オープナー ホワイト 778円(税込) ※Amazon販売価格

ダンボール整理のほかに、ちょっと面倒なのが、段ボールの開封と宛名ラベルの処理。

「ケシポン」は2つの手間をラクにしてくれる優れものなんです。

PLUSの「ケシポン」

下部のキャップを外すと、ローラー式のスタンプが出現。

PLUSの「ケシポン」

宛名ラベルにスタンプを押し付けてコロコロ〜と転がすと、アルファベットの配列が宛名を隠してくれます。文字で宛名を隠してくれるから宛名シールの上から一度重ねるだけでかなり宛先が読み取りにくくなります。

1度転がすだけでは不安な場合は、上からもう一度重ねるとより安心できそうです。

PLUSの「ケシポン」

宛名消しに加えて、上部の歯を持ち上げると、オープナーとして使えます

PLUSの「ケシポン」

カチッと音がするまで刃を持ち上げるとロックがかかり、刃が勝手に畳まれないようになります。

安心して段ボールの封を解くことができますよ。

もっと詳しいレビューはこちら↓

山崎実業には進化を遂げた「ダンボールストッカー」も……


袋の交換も掃除も手間なしでラクな山崎実業のゴミ箱もチェック

Ranking