元気がない日はベランダに集合!一生懸命な「よしこ」と不器用な「いなほ」の優しい同居物語
Sponsored by UR賃貸住宅

鍋やフライパンにはちょっとこだわっていいものを揃えています。

フタがセットでない場合は別で購入する必要があるのですが、適当に選びがち。

ちょっとこだわってフタを新調したら、いろいろなストレスが一気に解決しました。

さすが家事問屋なフライパンカバー

家事問屋 「フライパンカバー」 4,400円(税込)

前に使っていたものが熱で変形してしまったので、新しく購入したのがこちら。

金属加工の一大産地、燕三条を拠点とする家事問屋のフライパンカバーです。

使う人に寄り添い、素材や技術を熟知した家事問屋が提案するキッチンツールは、丈夫で使いやすく、お手入れもかんたん。

わが家でも既にいろいろと愛用しています。

このフライパンカバーも届く前から期待はしていたのですが、使ってみると期待以上。

わが家のためにあるようなアイテムでした。

サイズごとフタを揃える必要なし

わが家でよく使うフライパン類はこの3つ。左から中華鍋、スキレット、フライパン、すべて鉄製です。

家事問屋のフライパンカバーには溝が付いていて、20・22・24・26cmの複数のサイズに対応するタイプ。

中華鍋が26cm、

スキレットが20cm、

フライパンが24cm、全部に対応しているんです!

サイズごと揃える必要がないため、収納もすっきり。

置き場所に困らない

自立するように取っ手の形状が考えられているため、使わないときは立てて置いておけます。

これまでは自立しないフタを使っていたため、外した後は正面の壁に立てかけたり、天板に直に置いたり。

壁や天板が汚れるし、場所も取るし、この置き方はどうなんだろうと思っていたんです。

これならフタの裏がどこにも触れないので衛生的

作業スペースも有効に使うことができます。

焼き具合が見える

大きめのガラス窓付きなので、フタを開けずに中の様子が確認できます。

焼き過ぎや生焼けも防げて、海老も外は香ばしく中は固くならずにプリプリ。

複数のメニューを並行して作っているときにも自然と目に入るので、うっかり焦がしてしまうということもありません。

残念なところ:全部カバーできるけれど…

フライパン類3つに対応していたので、それらに使っていたフタは処分したのですが……。

2つや3つを同時に使うことも時々あり、フタが足りなくなることも。

そんなときのために、サブのフタを残しておくことをおすすめします。

丈夫でサビにも強い

さすが職人の街、燕三条製。造りが丁寧で丈夫なので、使っていても安心感があります。

重過ぎず、かといって軽過ぎないので、フライパンの上でも安定。

ガラス窓以外はオールステンレスなのでサビにも強く、さっと洗うだけできれいになります。

たかがフタ、されどフタ。これはきっと長いお付き合いなりそうな予感がします。

「1つ4役」のコレが、キッチンで大活躍。“意外な使い方”も便利なんだ~

フライパンで肉まんをふっわふわに蒸せる技、見〜つけた。

Ranking