元気がない日はベランダに集合!一生懸命な「よしこ」と不器用な「いなほ」の優しい同居物語
Sponsored by UR賃貸住宅

Text by akkyjournal

2022年のヒットスイーツ「カヌレ」が好きすぎて、クリスマスケーキにならないかと思っていたところ……

今年のXmasはカヌレでつくったクリスマスツリーが、密かにブームの兆しと聞いて、ひと足早くつくってみました!

見た目はすごく豪華なのに、とてもカンタンだったので、つくり方をシェアしたいと思います。

まずはスーパーでお手頃なカヌレを手に入れて


成城石井「カヌレ 6個入り」712円(税込)

今回は、「成城石井」でカヌレを調達しました。

本格的なカヌレが6個入り…つまり1個約120円だなんて、コスパ最強です!

しかもフランスから直輸入しているんだとか!

美しいクリスマスツリーにするには最低10個はカヌレが必要なので、2パックお買い上げ!

「カヌレ・クリスマスツリー」には、ちょっと大きめカヌレがオススメ!


ふたを開けてみると、カヌレ独特の甘い香りと、ラム酒の芳醇な香りがふんわり。

「成城石井」のカヌレは、直径約4cmとカヌレの中ではやや大きめ。ずっしりと中身が詰まっていて、食べごたえがあります。

ツリーにするときバランスを取りやすい、ちょうど良いサイズ感なんです!

では、積み重ねていきます!


カヌレは、下段に6個、2段目に3個、頂上に1個、積み上げてみました。

何度か試してみましたが、やっぱり、全10個がバランス良くツリーになるようです。

ちなみに、カヌレは柔らかいので、トングで1個ずつつかみ、上の写真のように隙間を少しずつ開けて並べていくのがコツ。

離しすぎると、上手にカヌレをタワーにできません。

生クリーム7分立てのトロトロ食感が、カヌレと好相性

もっちりしたカヌレには、とろ〜り生クリームが相性抜群です。

カヌレをタワー状に積み上げたら、次はたっぷり生クリームでデコレーションしていきます。

〈材料〉
・生クリーム(コクのある乳脂肪分35%を使用)…1/2パック
・イチゴ(葉つきのもの)…適量
・フルーベリー…適量

あわ立て器ですくうと、とどまることができずに落ちていくくらいの「7分立て」生クリームがオススメ。ホイップした生クリームをスプーンでカヌレにかけると、美しく下に垂れていきました。

キャンドルやフルーツでデコって、Xmasムード満点!

生クリームの上にイチゴとブルーベリーをのせていきましょう!

イチゴはてっぺんに乗せると、まるでクリスマスキャンドルの炎ですね!

本物のロウソクもさして、パーティー気分をさらにプラスしてみました。

葉つきイチゴを選ぶと、葉っぱのグリーンまでもがオシャレな仕上がりになります。葉つきのイチゴがない場合は、ミントを散らすのもアリです。

ちょっともったいないけど(笑)、食べてみました

ラム酒の効いた甘すぎない「成城石井」のカヌレと、濃厚でとろける生クリームのマリアージュが、リッチかつ罪深い味わいです。

イチゴとブルベリーのフレッシュな酸味も楽しめました。

ケーキスタンドを使うと、本格的なデコレーションケーキのように華やかで、Xmasムードもより高まりますよ!

お取り分けの際は、余った生クリームをかけたり、フルーツを追加するとより一層美味しくいただけました。

今年のXmasシーズンは、コスパ最強なのに豪華な雰囲気のカヌレ・ツリーで決まり!

超カンタンなデコレーションだから、お菓子作りの初心者にもめちゃくちゃオススメです。

「ホットワインが簡単に作れちゃうティーバッグ」が身体を温めたい夜にピッタリでした

推しの声で入眠したいなら、 新型「寝ホン」がオススメ

Ranking