24

元気がない日はベランダに集合!一生懸命な「よしこ」と不器用な「いなほ」の優しい同居物語
Sponsored by UR賃貸住宅

11月に入り、朝晩はかなり冷え込むようになりましたね!

まずは、足元の防寒から冬の準備をはじめましょう。

ROOMIEで冬の時期によく読まれた「靴下アイテム」を3つまとめました。

スポーツメーカーならではの最強あったか靴下

ミズノ ブレスサーモ薄手パイルソックス 1,760円(税込)

「ブレスサーモソックス」は、有名スポーツメーカーのミズノが開発した発熱素材を使用した、冬にぴったりのハイテク靴下。

さまざまな種類が展開されていますが、こちらは薄手のパイルソックスになります。

ブレスサーモは、体からの水分を吸収し、その吸収熱を利用して温度を上昇させるという仕組み。

履いてみると本当に暖かくポカポカ!

そのうえ、暖かさもしっかり持続してくれます。

一方で、これを履いて運動をしても、吸湿速乾機能の高さのおかげで汗蒸れが起こりにくい

さすがスポーツメーカーと言わんばかりの高機能ぶり。

そして、ミズノが独自で開発した「フィットウェル設計」のおかげで、長時間ソックスを履いていても、ズレ落ちにくくなっています。

厚すぎず薄くもない、絶妙な厚さのおかげで、スポーツだけでなく、旅行にも最適!

どんな場面でも「ブレスサーモソックス」があれば快適に過ごせますよ!

詳しくはこちら↓

ストッキングにまつわるストレスが激減!「親指用靴下」

「レディースデオセル親指サック」

「レディースデオセル親指サック」 220円(税込)

一見ぬいぐるみの手袋のようなこのニットですが、靴下屋などでお馴染みTabioから発売されている、「レディースデオセル親指サック」というもの。

足の親指に履くことで、ストッキングやタイツのいや〜な伝線を防いでくれるスグレモノです。

これのおかげで、ストッキングやタイツの廃棄率をめっちゃ下げることができたんです

Tabio 靴下屋 レディース デオセル親指サック

親指用とはいえ、しっかり伸びてフィットするため親指の履き心地に違和感はありません。

感覚としては、ゆる~いトゥリングを着けているような感じかも。

Tabio 靴下屋 レディース デオセル親指サック

実際にサックを着けてから、薄手のストッキングを履いてみると……。

今までは破いてしまわないか気になって、かなり神経を使って履いていましたが、親指サックを着けているとスルっと履けます!

Tabio 靴下屋 レディース デオセル親指サック

一方で、どうしてもストッキングやタイツよりは厚みがあるので、ジャストフィットの靴を履くとちょっときつく感じるかもしれません。

現在はコットン素材のタイプが、2枚組550円で発売中とのこと。

冬の必需品となること間違いなしなので、1足と言わず、複数枚持っておきたいですね!

詳しくはこちら↓

ヒートテック、実は「靴下」もあるんです

UNIQLO 「ヒートテックパイルソックス」

UNIQLO 「ヒートテックパイルソックス」 590円(税込)

ヒートテックパイルソックス」は、言わずと知れた冬の大定番、ヒートテック素材を使用した靴下。

UNIQLO 「ヒートテックパイルソックス」 タグ

アウトドアスペックのものだと1足で1,000円以上してしまうものが多かったり、柄がついているものも多かったり、と暖かさを求めるとなかなかいいうものがなかったのですが……。

完全無地+しっかりあったかい+値段もお手頃、という条件にうまくフィットしたのが、この靴下だったんです。

UNIQLO 「ヒートテックパイルソックス」厚さ

左:ユニクロの50色ソックス 右:ヒートテックパイルソックス

ユニクロの定番ソックスと並べると、かなり厚さがありますね

発熱・保温・消臭・抗菌などの快適性能もバッチリ。

UNIQLO 「ヒートテックパイルソックス」 裏のパイル地

さらに、裏パイル素材なので、クッション性・防寒性・耐久性もあります。

また、脱いだときに毛玉ができないし、1ヶ月ほど履いている現在では下にずり落ちてくることもありません

UNIQLO 「ヒートテックパイルソックス」を履いて革靴を履く

セールだともっとお安くなりますが、定価でも590円と、本格的なあったかさを持つソックスにしては、やっぱり安い。

こんな感じで、革靴とあわせても全く違和感のない、デイリーユースできる靴下なので、ぜひ今年の冬に取り入れてみてはいかがでしょうか?

詳しくはこちら↓

自衛隊員御用達の靴下なら、1日中歩いても疲れない!

ニトリのこれなら足元まであったかい!ブランケットはもういらないかも………。

Ranking