Sponsored by キーン・ジャパン合同会社

日に日に寒さが厳しくなるこの頃。衣替えを終えた家庭はほとんどだと思いますが、忘れちゃいませんか? そう、足元の冬支度。

冷えはなにより足元から襲ってきます。なのに、その防寒対策は意外と盲点だったりして……。

そこで今回は、足元の防寒対策にうとい筆者と、趣味のアウトドアでは足元の防寒に気を遣っているというライターのオーガさん、それぞれの家族が、防寒対策と冬の足元事情についてじっくり考えてみます。

出入りの多いテントでは、ホットカーペットやカイロを活用
~オーガさん一家の場合~

oh!gaさん家族

アウトドアをこよなく愛するライターのオーガさんとその一家。

「冬場は、人出も虫も少なくなるので、夏場に比べてキャンプを快適に楽しめます。とはいえ、もちろん『防寒さえ抜かりなければ』というハナシ」と、冬の間も、キャンプをはじめとする外遊びを思いきり楽しんで過ごしているよう。

そんなオーガさんに、冬のキャンプに欠かせない防寒対策について訊いてみました。

「まず、醍醐味の焚き火ですね。そのぬくもりのありがたみも、夏とは段違いに感じられます。焚き火をしながらぼーっとする時間は、やっぱりなににも代え難いキャンプの楽しみですよね。

アラジンストーブとホットカーペット

個人的に冬の間よく使っているのは、アラジンストーブとホットカーペット。テントの中でも外でも、そのふたつは大活躍してくれます。とくにストーブは、お湯を沸かしたり、煮炊き料理をしたりと、暖を取る以外の活用法もあって便利です」

テントの出入りが多いキャンプですが、ホットカーペットをテント内に敷くというのは、冬場のキャンプを快適に過ごすいいヒントになりそうですね!

さらにオーガさんは、足元の防寒対策として中敷タイプのカイロや厚手のソックスも活用しているとか。

「とくに、スケートやBMXブランドのソックスは厚手のものが多く、好んで使っています」

左:メンズ「Dark Earth/Black 」 右:ウィメンズ「Triple Black」

左:メンズ「Dark Earth/Black 」 右:ウィメンズ「Triple Black

そんなオーガさん一家には、新しい冬支度の選択肢として、KEENの「HOWSER 2(ハウザー ツー)を試してもらうことに。

ウィメンズ「Triple Black」

秋冬の定番シリーズであるHOWSERコレクションは、脱ぎ履きしやすく、楽チンで、暖かい、と三拍子揃ったハイブリッドなリラックスコンフォートシューズ。内側のマイクロフリースが足を暖かく包み込み、足裏の形状に合わせて立体成型されたフットベッドが心地よい履き心地を実現します。

「着脱しやすいうえに、防寒性が高いのはいいですね。テントの出入りのときにもストレスがなさそうです」と気に入ってくれた様子。

メンズ「Dark Earth/Black 」 ウィメンズ「Triple Black」のアッパー

この2足のアッパーにはリサイクルPETを採用。ほかにも、リサイクルFELTやベロア調マテリアルを使ったものなど、素材違いで幅広く展開されています。

メンズは、新色2色を含めた全5色ウィメンズは、ファッション性の高いベルベット素材1色に加え、新色2色を含めた全5色展開。

アースカラーでまとめたコーディネートの差し色として選ぶのも、また、カラフルなアウトドアウエアに合わせて思いきり色や素材を楽しむように選ぶのもよさそうです。

「HOWSER LOW WRAP(ハウザー ロウ ラップ)」

キッズ「Potters Clay/Plaza Taupe
息子さんも気に入ってくれたようで、おうちの中でも外でも走り回ってくれました。

また、キッズサイズの「HOWSER LOW WRAP(ハウザー ロー ラップ)」も展開されており、親子でのリンクコーデもできちゃいます。こちらのシューズは、面ファスナー仕様なので、2歳のお子さんでもひとりで履くことができたよう。

また、アウトソールには壁や床に色移りしないノンマーキングラバー素材を採用しているため、ルームシューズとしても活用できます。

左:メンズ「Bison Cord/Toasted Coconut」右:ウィメンズ「Moco Safari」

左:メンズ「Bison Cord/Toasted Coconut」右:ウィメンズ「Moco Safari
素材違いも含め、メンズ6色、ウィメンズ6色展開。

同じようにKEENならではのバンジーコードシステムでフィット感の調整が可能な「HOWSER 3 SLIDE(ハウザー スリー スライド)」も、つっかけるだけで履けるスライドデザインということで、ルームシューズにもうってつけ!

家の中でもスリッパを履いて生活しているオーガさん一家に、いつもどおりの感覚で部屋履きしてもらいました。

「コーデュロイ素材は大好物なんです。冬服と合わせやすいんですよね。奥さんも、モコモコしたルックスが可愛らしいよね、と。フットベッドがふかふかでアウトソールもソフトなので、家の中で履くとかなり贅沢な気分が味わえますね。

ルームシューズ用、ちょっとそこまでの散歩用、庭いじり用、と何足か揃えたくなっちゃいます(笑)」と冬らしいデザインはもちろん、履き心地も気に入ってくれた様子。

アウトドアアイテムを、防寒着としてコーディネートする
~髙阪一家の場合~

髙阪夫婦

一方のわが家。おもにファッション系の雑誌やウェブメディアでライターをしている僕と、アパレルブランドでディレクターをしている妻のふたり暮らしです。

冬は一年のなかでもっとも洋服を着るのが楽しい季節ですが、「おしゃれは我慢」なんて言ってられない冬本番も、もうすぐそこ。で、普段よく使っている防寒着はというと、インサレーションやボア、フリースなど、アウトドアなアイテムが多いことに気づきました。

メンズXLサイズのハーフジッププルオーバー

妻のお気に入りは、メンズXLサイズのハーフジッププルオーバー。すっきりとしたシルエットのパンツを穿くことが比較的多いため、ビッグシルエットのトップスを着て、足元にもボリュームを出してバランスを取ることが多いようです。

インサレーション

僕は山登りが趣味ということもあって、山でも街でも使えて一石二鳥なインサレーションが大好物。冬はクラシカルなジャケットやコート、それもウールやカシミアといった天然素材のものを着ることが多いため、つるんとした生地のカラフルなアウトドアウエアを挿したくなります。

また、モヘアのアームウォーマーも、冬場によく使うお気に入りのアイテム。なにがいいって、これを腕につければ、冬服じゃなくても冬に着られるようになる点。

たとえばロンTの上からつけたり、7分丈のスウェットの下に忍ばせたりすれば、あら不思議、春服や秋服だって、途端に冬の顔になります。手持ちの洋服の新しい可能性を見せてくれる魔法の防寒アイテムってわけです。

左:メンズ「Golden Brown/Black」 右;ウィメンズ「Olive Drab/Dark Earth」

左:メンズ「Golden Brown/Black」 右;ウィメンズ「Olive Drab/Dark Earth

そんな僕らが試してみたのは、暖かくて防水性のあるウィンターブーツ「HOODZERRA WP(フッドゼラ ウォータープルーフ)」。

インサレーションで保温性を、ストラップでホールド性と安全性を、そして独自防水透湿素材「KEEN.DRY」で防水性を、とこれまた三拍子なHOODコレクションにラインナップされる人気モデルです。

ウィメンズ「Olive Drab/Dark」

足を入れてみると、見た目のとおり、ふかふかの履き心地。保温素材「KEEN.WARM」が足首までしっかりと包み込んでくれ、その上からアジャスターストラップがほどよくホールドしてくれます。

メンズ「Golden Blown/Black」

そして、その軽さにも驚きました。休みの日は、電車を乗り継いでどこかへ行くより、歩ける距離なら歩いてしまう方なので、この軽快さは嬉しいですね。

軽くてやわらかな履き味ですが、ソールには耐久性、サポート性の高いマッドガードを搭載しているから、安心してたっぷり街を歩けそう。

「HOODZERRA WP」を着用したふたり

ふたりとも、あえて「HOODZERRA WP」を意識せず、普段どおりの格好に合わせてみました。

妻は、「HOODZERRA WP」に使われるナイロン素材と大きくテイストの異なるファーベストを合わせることでアウトドア感を抑え、街に馴染ませるようにコーディネートしたとか。

僕は、いつも革靴を合わせるように、フレアパンツに合わせて。ラバーの爪先が裾から覗くと、どこか革靴を履いているようにも見えますね。シャカシャカ生地のパンツや、ぴちぴちのスキニーパンツさえ避ければ、合わせるパンツはさほど選ばなくてよさそうです。

「HOODZERRA WP」を着用して歩くふたり

歩くと、アッパーのナイロンがチラチラと見えていい感じ。このチラチラ具合、テーラードジャケットやコートの下につるんとしたアウトドアウエアを忍ばせるのとちょうど同じような感覚で、好みです。

そして、夏用の水陸両用アジャスターサンダルに、そのままインサレーションをドッキングしたようなデザインは、アームウォーマーを使って手持ちの服をカスタムするのと似ているような。

個人的に好きな冬の着こなしを一足に凝縮したようなデザインには、共感するばかりです!

ほかにも、防寒ブーツが目白押し

寒いだけで外に出るのが億劫になる冬でも、KEENの暖かいシューズがあればへっちゃら。

「GLIESER TALL WP(グリーザー トール ウォータープルーフ)」

ほかにも、雪上もござれなハイカットマウンテンブーツ「GLIESER TALL WP(グリーザー トール ウォータープルーフ)」をはじめ、

左:「SNOW TROLL WP」 右:「KNOTCH CHUKKA」

左:「SNOW TROLL WP」 右:「KNOTCH CHUKKA」

最上級の屈曲性を誇る、雪のアクティビティでも安心な超軽量のウィンターブーツ「SNOW TROLL WP(スノー トロール ウォータープルーフ)」、しなやかさとサポート性を兼ね備えたチャッカブーツ「KNOTCH CHUKKA(ノッチ チャッカ)」などのキッズ用まで、防寒シューズを豊富にラインナップ。

本格的な寒さが到来する前に、まずは足元の衣替えを。身軽に、抜かりなく、冬支度を整えるとしましょう。

Photographed by Kaoru Mochida

Ranking