4

元気がない日はベランダに集合!一生懸命な「よしこ」と不器用な「いなほ」の優しい同居物語
Sponsored by UR賃貸住宅

全国旅行支援がスタートして以降、あちこちお出かけしたい気分の今日この頃。

そんな秋のお出かけに連れて行きたい、超軽量なフィルムカメラを発見しました。

kodak新作のハーフカメラ

kodak 「EKTAR H35 ハーフカメラ」 7,980円(税込)
※Amazon価格

このカメラは「ハーフカメラ」という種類のフィルムカメラ。

ハーフカメラは24枚撮りフィルムなら48枚、36枚撮りなら72枚……というふうに一般的なフィルムカメラよりもたくさん撮影できるのが特徴的です。

フィルムカメラといえば、最近では中古のものもたくさん出回っていますが、このカメラは完全に“新作のフィルムカメラ”。iPhoneで手軽に写真を撮れる現代で、フィルムカメラの新作を発売するkodak、すごいなあ……。

カメラ初心者でも簡単に扱えるんだ

このカメラを使うのに必要なのは、35mmフィルムとフラッシュ用の単4乾電池のみ。ピントを合わせたり露光を調整したりという設定は不要で、思いのままにシャッターを切るだけです!

被写体から1.5m程度離れていれば、基本的にはボケずにはっきり写してくれます。写ルンですのようにコンパクトだから手軽で、コマ数をたくさん撮れるところが気に入っています。

ちなみに、本体の重量は約100gと超軽量。これまで使っていたフィルムカメラはズッシリと重く、1日中歩き回る旅行にはちょっと負担に感じることも。

このカメラならポケットに入れたり、付属ケースのストラップでカバンに付けたりと、持ち歩きがノンストレスなのでどこにでも持ち歩いて、「お、いいな」と思った瞬間にサッと取り出して写真を撮っています。

現代的なカラーリング

今年の7月に発売となったこのカメラは、SNSで拡散され、発売当初は超品薄に。その人気の理由のひとつに、このカラーリングにあるとみています。

セージ・サンド・ブラウン・ブラックの4色展開で、フィルムカメラには珍しいカラーばかりなんです。

発売から4ヶ月ほど経った今では、ビックカメラやヨドバシカメラのような家電量販店のほか、カメラのキタムラや街のカメラ屋さんにも在庫があるようで、よく見かけるようになりました!

晴天の屋外で撮るのがおすすめ

フラッシュは内蔵しているものの、撮るときは晴天の順光がおすすめ。

また、明るい曇りだと影が映りづらいので、晴れのときのパキッとした写りとはまた違った雰囲気になります。

水面の反射も綺麗に写りますよ〜。

こんなに小さいトイカメラで味のある写真・動画が撮れる


スマホでの撮影もラクチンに!


Ranking