お茶の急須と聞くと思い浮かべる、いつものあの形。

そこからはまったく似つかない形状の、しかも透明な急須に出合いました。

ビーカーメーカーの技術でつくられたというガラスの透明急須は、これまでとひと味違うお茶体験ができます。

気分はシンデレラ?ガラスの急須とガラスの茶碗!

伊藤園
「Ocha SURU? Glass Kyu-su 02」3,850円(税込)

お茶で有名なあの飲料メーカー「伊藤園」のブランド「Ocha SURU?」から生まれた急須です。

急須とお茶碗は一体型。間に茶漉しが収まっています。

バラすとこんな感じ。注ぎ口や飲み口はちょっと薄め、とはいえ安心感のある強度です。デスクに置いてあってもスマートですよね。

レコードみたい!1回分の茶葉のデザインが素敵

伊藤園「Brew Note アルバム(7種アソート)」1,296円(税込)

Ocha SURU?からは、1回分の茶葉が入ったパックも発売されています。

その名も「The Brew Note」

“音楽を聴くようにお茶を選ぼう”というテーマのもと、お茶の個性がイメージできるイラストが描かれたレコード風の個包装です。

茶葉を急須に投入するときって、だいたいの量でやってしまいがちなので、これはとても便利! ちなみに三煎までは出せるそうです。

透明急須を使ってみたよ

まずはガラスの急須に1回分の茶葉を入れます。

今回は「The Brew Note」アルバムから「鬼の白骨」の茶葉をセレクト。

埼玉県狭山産の焙じ茶ですが、まさに鬼の骨のような形状!

音楽だとしたらヘビメタが流れそう。

ちなみに手が熱くなるのが心配な方のために、可愛い「フェルトスリープ」1,100円(税込) も発売されています。

さて、急須にお湯を注ぎました。茶葉がぷくぷくと水を吸って、香りもふわりと広がっていきます。

透明だから、普段は急須の中で起きていることを、目撃できている面白さよ!

湯気が立ち上るなか、思わず観察を続けてしまいます。香りだけでなく、目でも癒やされます。

丁寧に淹れるって幸せ

色と香り、温度をみて、そろそろかなと思った頃に、ガラスの茶碗に注ぎます。

いつもと同じお茶を淹れる行為なのに、とても丁寧な時間に感じました。

美しいグリーンを愛でながら、優雅にガラスの茶碗でお茶タイムです。

スパイスをいれたアレンジも

そして、蓋がない急須だからできることも。

茶葉とともに、お気に入りのスパイスをいれて味変することができます。

通常の急須だと器に香りがつくため、なかなかできない茶葉とスパイスの合わせ技。

煎茶に合わせて、シナモンとカルダモンにジュニパーベリーを入れてみると、エキゾチックな緑茶に早変わりしました。これまでにない形状だからこそ、いろんな使い方も思いつきそう。

想像力を刺激するティータイムをぜひ!

HARIOの「ガラスの急須」をたまにしかお茶を飲まない人にもオススメしたい理由

1冊だけでも倒れない“ワザありブックスタンド”を見つけたよ。

Ranking