ROOMIEのTikTokでは、レビューしたアイテムを動画で紹介中!

料理家の松本日奈さんが、キッチンにまつわるあれこれをつづる連載「キッチンにひと工夫」。食材やキッチン道具のちょっとした“ひと工夫”で、キッチンで過ごす時間や毎日の暮らしがもっと楽しくなる、そんなアイデアを紹介します。

「缶詰がひとつあれば!」シリーズ、第1弾第2弾に続く第3弾のテーマは「コンビーフ缶の簡単アレンジ術」です。

ごはんやトーストにのせても、パスタと和えても!

ほどよい塩気とビーフの旨味のバランス、そしてしっとり感が、どんな素材とも組み合わせやすいコンビーフ。

「大好きなのに、そのまま食べるしか選択肢がなかった」という皆さんへ、今回はアボカドと合わせるだけのレシピをご紹介!

コンビーフとアボガドのわさび醤油和え

<材料>

・コンビーフの缶詰…1缶
・アボカド…1個
・わさび、醤油…各適量

<つくり方>

1. コンビーフはスプーンやフォークでほぐす。アボカドは皮を剥いて食べやすい大きさにカットする。
2. コンビーフとアボカドを合わせて、わさびと醤油で和える。

たったこれだけ。わさびと醤油の量はお好みで。コンビーフは塩気があるので、味をみながら加えてください。

あたたかいごはんにこんもりとのせて、海苔をちらしたり。

トーストしたパンにのせたり。その際、パンにはバターをたっぷりと塗ることをぜひおすすめしたいです。もうたまらない美味しさ!

ゆでたパスタと絡めてもおいしいし……と、アレンジのアイデアは書き出すと止まりません(笑)! 

もちろん、このままでも大満足。今回はアボカドをカットしましたが、フォークでつぶすようにしてコンビーフと合わせるとディップ感覚で楽しめますよ

最近は脂肪分をカットしたものも売っていますので、ヘルシー志向の方も使いやすいと思います。ぜひお試しくださいね。

米びつを置く場所がないなら袋にしたら? 「マーナ 極 お米保存袋」が大正解だったよ。

乾燥が気になるこの時期に。手に入れやすい「本格派のヘアケアアイテム」3選

Ranking