キャンプで出るゴミってどうしていますか?

筆者はこれまでゴミ袋をテーブルの脚などにくくりつけて過ごしていました。

が、そんなキャンプゴミをスマートに隠せるアイテムをこの度発見!

ちょうどいいサイズ感がうれしい

「テントイン ポップアップ トラッシュボックス」

オレゴニアンキャンパー「テントイン ポップアップ トラッシュボックス」3,520円(税込)

それが、オレゴニアンキャンパーの「テントイン ポップアップ トラッシュボックス」

折りたたみ式のゴミ箱です。

容量が19Lと、スタンダードタイプよりもひと回り小さいサイズ。

ソロやデュオキャンプにちょうどいい大きさかと。

ミリタリーなデザインが気に入り購入しました。

省スペースが叶う「ポップアップ式」

「テントイン ポップアップ トラッシュボックス」

ポップアップ式で、コンパクトに収納することが可能。

しかもかなりスマートになるので、隙間などにスッと片付けることができます。

筆者が持っているキャンプギアは意外とスペースを取るものが多いので、こういった省スペース収納が叶うギアは嬉しい……!

袋を固定できる仕様

「テントイン ポップアップ トラッシュボックス」

内側に6個のスナップボタンがあるのがポイント。

袋を固定できるため、中でズレる心配がなく使いやすいんです!

袋を2つセットして、燃えるゴミやプラゴミなど分別しています。

ジッパー付もうれしい

「テントイン ポップアップ トラッシュボックス」

上部にジッパーが装着されているため、ゴミを入れたままジッパーを閉めて持って帰ることができます。

これがとても楽チン。蓋を閉めることで、ゴミの臭い対策にもなる点も◎。

底が「防水」の安心感!

「テントイン ポップアップ トラッシュボックス」

キャンプのゴミを持ち帰るとき車の足元などに置く人が多いと思います。

が、袋が破れてゴミの汁が車についてしまった……なんて経験がある人もいるかもしれません。

「テントイン ポップアップ トラッシュボックス」は底が防水仕様なので、例えゴミの汁が袋から漏れてしまっても車が汚れません!

「テントイン ポップアップ トラッシュボックス」

キャンプ場の地面が濡れている場合でも安心して使うことができますよ。

キングジムのごみ箱ポーチが「外出時のちょっとしたごみの置き場問題」を衛生的に解決してくれた

山崎実業の「マグネットウェットティッシュケース」は各部屋に置いておきたいな〜。

Ranking