いざ、料理をしようと思い、冷蔵庫の野菜室をのぞいて愕然!

「こ、これしかなかったっけ……?」

こんな「あるある」すぎる状況を救ってくれるのは、食材1つ“だけ”でつくれる一品

簡単につくれるのに、驚くほどおいしくて、何度でも食卓に出したくなります。

野菜がハンパに残ってしまったときは、「使いきりレシピ」として大活躍しますよ!

箸が止まらない! 「長ねぎマリネ」

料理家の松本日奈さんの「長ねぎだけ」で作るひと皿、「長ねぎマリネ」です。

<材料(作りやすい分量)>

  • 長ねぎ…3本
  • 塩…小さじ1/2
  • EX.V.(エキストラバージン)オリーブオイル…大さじ2
  • 酢またはビネガー…大さじ1
  • 野菜ブイヨン(顆粒)…小さじ1

<作り方>

1. 長ねぎの白い部分を10cmほどに切り揃えて鍋に並べる。ひたひたの水と野菜ブイヨンを入れ、EX.V.オリーブオイルをひと回しして(分量外)、やわらかくなるまで10分ほど煮る。
2. 酢またはビネガーとEX.V.オリーブオイル、塩を混ぜてマリネ液を作り、「1」の汁気をきって、マリネ液につける。
3. しばらくおいて、なじんだら食べ頃。

“名脇役”のイメージのある長ねぎですが、マリネにすると、とろ〜りとしてお箸が止まらなくなります!

調理のポイントなどはこちらから↓

5分でつくれる甘〜いミニトマトのアヒージョ

ミニトマトを常備しているという方、多いのではないでしょうか?

冬が間近に迫るこの時季。ミニトマトは、料理・食文化研究家の庭乃桃さんのレシピ、熱々の「アヒージョ」にして大量消費しちゃいましょう!

<材料>

  • ミニトマト…20個前後
  • にんにく(みじん切り)…小さじ1
  • 塩…少々
  • オリーブオイル…大さじ4
  • オレガノまたはバジル…少々

<作り方>

1. ミニトマトはヘタを取って半分に切る。
2. フライパンか小鍋にオリーブオイルとにんにくを入れて弱火にかけ、香りが立ったらミニトマトを入れる。
3. 火を強めて全体にオイルをからめ、塩とハーブで味を調える。ミニトマトの皮にシワが寄ったら火を止める。

ミニトマトのアヒージョ

そのままパンに乗せたり、付け合わせやソースにしたりと活用できます」と庭乃桃さん。毎日でも食べたいかも!

調理のポイントなどはこちらから↓

ほぼフレンチオニオンスープ! あま~い「バター焼き玉ねぎ」がおいしすぎ! やみつき!

ライフハッカー[日本版]より転載

「バター焼き玉ねぎ」は、甘くて柔らかくて、ほとんどフレンチオニオンスープ! 家庭的でほっこりする副菜になりますよ。

<材料>

  • 玉ねぎ…1個
  • バター…大さじ1+小さじ1
  • ブイヨン…キューブ1個(何味でもいいですが、ビーフのブイヨンだとフレンチオニオンスープ感が出ます)

<作り方>
1. 玉ねぎが自立する程度に根を切り落とし、皮を剥いたら、玉ねぎの上部の芯の部分をくり抜きます。くり抜く大きさは、バターとブイヨンが入るくらいです。
2. バターとブイヨンを混ぜて練り、玉ねぎのくり抜いた穴に詰めます。


3. 玉ねぎをアルミホイルで包んで、上部でひねって留め、メタル・玉ねぎのようにします。
4. ホイルで包んだ玉ねぎを約180度のオーブンに入れ、柔らかくなるまで60〜70分間焼きます。
5. ホイルから出せば出来上がり。焼いた玉ねぎを切ると、スライスした玉ねぎがとろけて重なり合います。

焦がしたり、キャラメル化したりせず、手抜きの味付けとバターで、じっくりとやさしく火を通すだけで完成です。

調理のポイントなどはこちらから↓

10分以下で作れる「塩麹きのこ」は天才常備菜

料理・食文化研究家の庭乃桃さんのレシピ「塩麹きのこ」。

手早くつくれておいしいだけじゃなく、冷蔵庫で10日も保存がきくそう。天才か!

<材料>

  • 好みのきのこ(しめじ、えのきたけ、しいたけ、まいたけ、エリンギ、マッシュルームなど)…300g
  • 塩麹…大さじ3~3と1/2

<作り方>

1. きのこは石づきを切り落として食べやすい大きさに裂く。
2. 耐熱容器に入れてラップをかけ、電子レンジ(600W)で6分ほど加熱する。
塩麹きのこ
3. 熱いうちに塩麹を和え、粗熱がとれたら清潔な保存容器に移して、冷蔵庫で保存する。

「トッピングやあえもの、パスタソースとして使ったり、スープのだし&具にしたりとアレンジが効きますよ」と庭乃桃さん。常備菜のバラエティが1つ増えました!

調理のポイントなどはこちらから↓

シビれてピリ辛な「麻辣シビ辛 焼ききゅうり」

麻辣シビ辛 焼ききゅうり

お酒との相性がいい、おつまみ的なレシピを知りたい方は要チェック!

ヘルシーレシピを日々研究するシゲパピさんの「麻辣シビ辛 焼ききゅうり」は、辛くてうまくて、ただものじゃありません!

<材料>

  • きゅうり…1本
  • 塩…少々

【A】

  • 豆板醤…小さじ1/2
  • しょうゆ…小さじ1
  • 花椒…小さじ1/8
  • ラー油…少々

※花椒がない場合は、山椒で代用可。

<作り方>
1. きゅうりは縦半分に切り、3等分にする。軽く全体に塩を振る。
2. フライパンにごま油を入れて中火にし、きゅうりの断面を下にして焼き色がつくまでしっかり焼く。
3. 【A】を混ぜ合わせる。
4. きゅうりを皿に盛り付け、混ぜた【A】をかける。

「豆板醤と花椒の2種類を使うので、辛さは“ちょっとシビ辛”です」とシゲパピさん。辛いもの好きさんにはたまらん一品!

調理のポイントなどはこちらから↓

お弁当づくりの面倒が解決するグッズを3つ発見。お役立ちすぎて、神!

 

Ranking