9

日々使うものだからこそ、通勤用バッグは妥協せずに選びたいもの。軽さや手入れのしやすさ、収納力などゆずれないポイントが色々ありますよね。

わたしは、ここで買う! と決めているわけではないのですが、結局いつもKEYUCAにたどり着いてしまいます。

痒いところに手が届く絶妙な「ちょうどよさ」で、3回連続でお世話になっていますよ。

合わせやすい色と素材

KEYUCA 「N撥水プレッシートートM」 4,400円(税込)

ワンタッチで口がキュッとしまり、中が見えない巾着型です。

角や金具のない丸い形がフォーマルすぎず、ツヤとハリのある生地はカジュアルすぎず、どんな服装にも似合う万能素材

真っ黒ではなくチャコールグレーなのも優しい印象でお気に入りです。

定位置が決まる収納

写真は、巾着部分の高さで折り返したところ。

メイン収納部分には、メイクポーチや文房具が入ったバッグインバッグ・お弁当・マグ・折り畳み傘を収納。

このペットボトルやマグ専用のポケットがかなり優秀で、倒れず安心なのはもちろん、定位置が決まるので他の荷物も動きにくく取り出しやすくなります。

他に小さなポケットが2つあるので、すぐに取り出したいハンカチや定期・鍵などの小物はここに。

反対側にはファスナー付きポケットもあり、わたしは予備のお財布をここに忍ばせています。

抜群の収納力

スペースにはまだ余裕があるので、寒暖差のあるこの時期に助かる薄手のダウンやストールも入ります。

これでちょうど巾着部分がいっぱいになりますが、さらに第2形態を残しているのがこのトートの実力……

紐を広げれば上部にもスペースが生まれるので、1泊旅行ならこれ一つで行けるほど。

仕事帰りに用事があるときもわざわざバッグを代えなくていいので便利です。

また、買い物などで荷物が増えたときも、手提げの数を増やさずにポンと上に追加できます。

フチにはマグネットホックが仕込まれているので、上まで伸ばしても中身が丸見えにならないのもうれしいところ。

ちなみに、書類はA4はもちろん、クリアファイルや封筒などA4+αのサイズまでOK。縦横どの向きでも入りますよ。

お手入れも簡単

撥水素材なので、雨の日も気にせずに使えます。

実際に水をかけてみたところ、少々の水滴はOK程度ではなく、写真のように水をつるんと弾くほど。

アウトドア用のアウター並みの予想以上の撥水力で驚きました。水にも汚れにも強く、しかも軽いといいことづくめですよ。

「PCを持ち運びたいけど大きなバッグはいらない日」にぴったりなユニクロのバッグ


毎日使いやすい、機能的でもスポーティすぎないバッグパック


Ranking