みんな大好き「Soup Stock Tokyo」。これからの寒い時季は、さらにここのスープが恋しくなりますよね〜! 

しかも、ぬくぬくの自宅で楽しめたら……! ということで、湯煎またはレンチンだけで完成する冷凍スープをオンラインでお取り寄せしてみることに。

ちょうどいい機会なので調べてみると、お店で大人気のあのメニューには、もともと「捨てられる運命だった食材」が活かされているという“秘密“を知ってしまいました。

まず大前提としてかなり美味しくて、さらに環境にもやさしいって……最高では?

定番にして人気No.1!「オマール海老のビスク」は、“もったいない精神”からはじまった

Soup Stock Tokyo「オマール海老のビスク」冷凍スープ 550円(税込)/オンラインショップではセット販売のみ 4,550円(税込)より

いろんな季節のスープが定期的に発売されるけど、「結局いつもこれを注文してしまう!」という人も多いのでは? 

そう「オマール海老のビスク」です。

その人気ぶりは「Soup Stock Tokyo」が公式に「人気No.1」と認めるほど

濃厚な出汁の旨味と、トマト、香味野菜がとけあった贅沢な味わいのスープ。

実はこの出汁には、オマール海老の産地・カナダでは料理に使われず捨てられる運命をたどる「頭の部分」が採用されているんです。ご存知でした?

新発売の冷凍スープには、「販売できないパン」が煮込まれていました

Soup Stock Tokyo「赤いリボリータ」冷凍スープ550円(税込) ※なくなり次第終了

そんな“もったいない精神“が宿った冷凍スープシリーズには、定期的にシーズナルメニューが新登場します。

今回は「赤いリボリータ」にトライ。

野菜と全粒粉パンをぐつぐつ煮込むイタリアの家庭料理です。

ほかの「Soup Stock Tokyo」の冷凍メニュー同様、袋を空けずにそのまま、沸騰したお湯で5分間温めれば完成! 電子レンジなら500w/4分30秒、600w/4分でつくれますよ。

ハサミがなくても手でカンタンに袋を開けられる仕様で楽ちん。

スープの中には、その日の気温や温度で状態が変わり形がいびつで販売ラインに乗せられない「全粒粉パン」が煮込まれています。ナイスアイデア! 思いついた人に拍手。

野菜とパンの旨味と素材がしっかりとけだした、ドロっとしたスープでした。

カボチャやトマトなどの野菜、そしてパンのぼってりした食感が感じられGOOD!

「赤いリボリータ」はなくなり次第終了になりますが、いまのところ環境にやさしいスープ&カレーを集めた「私もおいしい、未来もおいしいセット(ギフト箱)」5,972円(税込・送料込)をオンラインでお取り寄せすると楽しめます。

びっくりするほど美味しかったよ!キーマカレーにはどんな秘密が?

Soup Stock Tokyo「無花果チャツネのキーマカレー」冷凍カレー581円(税込)/オンラインショップではセット販売のみ 4,736円(税込)より

「Soup Stock Tokyo」ってカレーも絶品なんですよね……。いつもスープと迷っちゃう。というわけで、冷凍カレー「無花果チャツネのキーマカレー」にもトライ。

完熟した無花果(いちじく)は果皮が薄く、日持ちしないため、小さな傷などが原因で出荷できないものが生まれるそう。そんな無花果をスパイスと一緒にジャムのように煮込んでつくったオリジナルチャツネが自慢のカレーなんですって。

ホントだ、オリジナルチャツネがたっぷり。

口に運ぶと、スパイシーで甘くて、ほかのカレー屋さんでははなかなか体験したことのない味。予期せず、3品のなかでは筆者お気に入りNo.1に躍り出たのでした!

「私もおいしい、未来もおいしいセット」で楽しもう

「私もおいしい、未来もおいしいセット(ギフト箱)」に同梱されたカード

「Soup Stock Tokyo」のオンラインサイトで「私もおいしい、未来もおいしいセット(ギフト箱)」をお取り寄せすると、今回紹介した3種が全部味わえます。プラス、「和田さんのかぼちゃのスープ」を加えた合計4種×8品のギフトボックスです。季節によってスープの内容が変わるので、特に「赤いリボリータ」と「和田さんのかぼちゃのスープ」のシーズナルメニューを食べたい人は急いだ方がベター!

人にも地球にもやさしくて、ほっこり心まで温かくなる……。これは大切な人への冬のギフトにもよさそうですね。

ポーランドの酸っぱいスープ(ジュレック)を作ろうとしたが…【こぐれひでこの「ごはん日記」】

Ankerの「ケーブルレスモバイルバッテリー」でケーブル持ち歩くのやめました

Ranking