私は北海道在住で、ジンギスカンをこよなく愛しています!

だけど自宅で焼くと、煙はすごいし油やタレがはねます。しかもカーテンやソファについた匂いは、なかなか取れません……。

それでも家でジンギスカンを食べたい!

そんな私と相性の良さそうなアイテムを見つけました。

本当に、お肉を焼いても煙が少ない?

それは山善の「煙の少ない焼き肉グリル」です。

山善「煙の少ない 焼き肉プレート XGRILL PREMIUM YGMC-FXT130」15,455円(税込)※Amazon価格

商品名に「煙の少ない」と入っていることからも自信がうかがえます。

この焼肉グリルの“煙の少ない”秘密は2つ。

1つ目は付属の吸煙ファンが煙を吸ってくれること。2つ目は、特殊なX形状のプレートのおかげでプレートの下に油が落ちて、煙が出にくいのだとか。

さっそくお肉を焼いてその実力を試してみます!

使う前に、水受けへ水を300cc入れてセッティング。

銀色の遮熱板とヒーターをセットして、その上から焼き肉プレートを置きます。

あとは電源を入れて焼肉モードで温度が上がるのを待つだけ。

この焼き肉グリルの実力、スゴすぎる!

まずは吸煙ファンをオフにした状態で、牛肉を焼いてみました。

写真では確認しづらいですが、この時点では少し煙が出ています。そして、吸煙ファンをオンにすると……

「すんっ!」と煙が一気になくなりました! 油がプレートの下に落ちているのもわかります。

おいしそうに焼き目がついて、火の通りも良さそうです。

続いてはメインの、ジンギスカンを焼いてみます!

普段、ここまで大きなラム肉を焼くと、煙がもっくもくと出るはずですが……

視界がクリア! 脂が多いものを選んで焼いたのに、油はねもほとんどありません。

さらに検証してみた結果が、驚きだった!

ジンギスカンの中でも油がはねまくる「タレ漬けジンギスカン」を焼いてみます。

ここで検証。上から布をかざして、どれくらい油やタレがはねているのかチェックしてみます。

布をかざすのは、あくまで検証ためです。通常の使用方法ではありません

火傷をしないように10秒ほどかざしてみました。結果は……

「本当にかざしたの?」と疑うくらい、油もタレもまったくはねていません!

ちなみに同じことを、フライパンで焼いて実験しようと思ったのですが、煙も油もすごすぎて手を近づけられませんでした。

吸煙ファンの実力、おそるべし!

油汚れを落とす手間はあるけど、問題なし!

ほかのお肉もいろいろと焼いてみました。ホルモンのように水気の多いものはややはねがありますが、フライパンで焼いた時とは比べものにならないほど少ないです。

プレート下には、油やモヤシ・キャベツのかけらが。モヤシなど網目から落ちやすい食材は、平面プレートを使用するのがオススメ

ちょっとだけ苦労したのが後片付け。パーツによって丸洗いができるのですが、油汚れがすごい!

でも、普通のホットプレートで焼いていたら、この油も食べていたことになるんですよね……。ヘルシーになるぶん、洗う手間は致し方なし!

油汚れは、中性洗剤を溶かしたぬるま湯に少し漬けると、スルっと落ちました。

おうちジンギスカンのハードルがめちゃくちゃ下がった!

今まではにおいも油はねも気になって、チャレンジできていなかったおうち焼肉&ジンギスカン。

これなら気兼ねなく楽しめるので「ちょっといいお肉」を買う頻度が上がりそうです(笑)!

たこ焼きプレートも付属していたので、“タコパ”も楽しめますよ〜!

ダイソーの「まな板シート」で、料理中に何度もまな板洗うのやめました。アウトドアシーンでも大活躍の逸品です

「山善」のネッククーラーを発見! いろいろ試したなかで、一番ひんやりだったよ

Ranking