発売当初から約10年。

愛用していたネスカフェのコーヒーメーカー「ゴールドブレンドバリスタ」がとうとう動かなくなってしまいました……(涙)。

代わりのコーヒーメーカーを色々検討した結果、同じネスカフェの「バリスタ50」に決定!

シンプルでお手頃だからデイリーに使いやすい

ネスカフェ「ゴールドブレンドバリスタ50」 

ネスカフェ「ゴールドブレンドバリスタ50」 8,380円(税込)

「ゴールドブレンドバリスタ」は、コーヒー豆を挽いた粉ではなく、ネスカフェのインスタントコーヒーであるゴールドブレンドを美味しく淹れてくれるマシンです。

インスタントコーヒーなら自分でお湯を入れれば良くない?と思われるかもしれませんが、マグカップにゴールドブレンドを入れて、お湯を注ぐだけだとクレマが出ない……!

が、バリスタで淹れるとクレマがある美味しいコーヒーになるんです!

アイスコーヒーやフォームミルクの乗ったカプチーノ、カフェラテまで。

ボタン1つで、デイリーに美味しいコーヒーが楽しめちゃいます。

ネスカフェ「ゴールドブレンドバリスタ50」 

ラテメニューをつくるときも、カップにミルクやクリーミングパウダーを入れるだけ。

なのでマシンのお手入れが簡単で◎!

(左)バリスタ50 (左)前モデル

以降は、前モデルと比べて、より使いやすいと感じた魅力を紹介していきます。

使いやすいボタン配置

バリスタ50は「スタートボタン」がないのが特徴のひとつ。

メニューボタンを押すだけで、コーヒーの抽出が始まります。

前モデルでは、うっかりスタートボタンを押し忘れてマシンから離れてしまい、あれ?まだ出来てない……ということがあったのですが、同じことはもう起きません。

また、初代は電源ボタンが本体横にあったのですが、50では正面のメニューボタンの上中央にドーンと配置されています。

電源ボタンの位置が分かりやすい!

コーヒーを淹れた後に、電源を切り忘れることもなくなりました。

ネスカフェ「ゴールドブレンドバリスタ50」 

(※初代も50も、5分で電源をオートオフする機能はあります)

ややスリムに

ネスカフェ「ゴールドブレンドバリスタ50」 

本体の重量も、初代の3.6㎏からやや軽くなって3.4㎏に。

高さは35.9㎝から32.2㎝と3.7㎝小さく、幅も17.6㎝から15.5㎝と2cmもスリムになりました。

置き場所を考えるとスリムになるのは嬉しいですね。

取り出しやすく、使いやすくなった給水タンク

ネスカフェ「ゴールドブレンドバリスタ50」 

給水タンクの容量は変わらず800ml。

初代は仕様上、取り付けの際にうっかり水をこぼしてしまうことがありました。

ネスカフェ「ゴールドブレンドバリスタ50」 

50にはフタが付いています。

また真上に引き上げるようになったので、水をこぼす心配も減りました!

指をかけるくぼみも付いたので、より持ちやすく、落としにくくなったように思います。

ネスカフェ「ゴールドブレンドバリスタ50」 

ただフタのお陰で、MAXラインがかなり上になっているので、水を注ぐ際は注意が必要です。

ネスカフェ「ゴールドブレンドバリスタ50」 

Bluetoothでアプリと連動!カスタマイズがより簡単に

ネスカフェ「ゴールドブレンドバリスタ50」 

初代の頃から、メニュー別に湯量のカスタマイズはできました。

が、手動なので微調節が難しく、思った量にならないことも。

ネスカフェ「ゴールドブレンドバリスタ50」 

50はアプリとの連動が可能!

コーヒーの量を「少ない」「ふつう」「多い」(*メニューにより量は異なる)から選ぶことができます。

湯量もメニューによって異なりますが、40~270mlまでを、10ml単位でスライドして設定できるようになっています。

これはスゴイ! より好みに近いコーヒーを楽しめるようになりました。

ネスカフェ「ゴールドブレンドバリスタ50」 

カプチーノやカフェラテメニューでは泡立ちの「少ない」「多い」も10ml単位で設定できるので、ミルクを使うメニューをよく飲む我が家では嬉しい機能!

電源を入れ忘れていても…

アプリからコーヒーを淹れる時は、電源が自動でオンになります

そのため電源を入れ忘れていても、ちゃんとコーヒーを淹れてくれるのです。

ルーレットでポイントゲットも!

ネスカフェ「ゴールドブレンドバリスタ50」 

アプリ連動していると、コーヒーを淹れるだけでポイントが貯まっていくという楽しみも。

コーヒーを淹れた後に、アプリ上でルーレットを回してポイントをゲットするなどしています。 

子どもも楽しんで回してくれてる!

貯まったポイントで、景品がもらえたり、抽選に応募できたりもするそうです。

2代目バリスタも大活躍間違いなしです!

牛乳に挽いた豆をつけ置きするだけの「ミルクブリューコーヒー」がおいしすぎ!

100円ショップの鉢で、「グリーンのある暮らし」をはじめた話

Ranking