2

季節は秋冬。つまり厚着のシーズンですね!

上半身がかさばりやすくなるこの時期は、いつも頼りにしているリュックにちょっとしたストレスを感じることが増えてきます。

アウターの両肩や脇の部分にシワができたり肩まわりが窮屈になってしまったりと、うんざりすることも多いはず。

それなら、今年は「次世代スリングバッグ」を使ってみるのはどうでしょうか。

しっかり使えるスリングバッグ

MODERN DAYFARER「Modern Pack 16L」

こちらは、クラファンサイトmachi-yaでプロジェクトが進行中の「Modern Pack 16L」です。

肩がけのスリングバッグながら16Lというしっかりとした容量で、サイズは45×22×15cm、本体の重さは約1kg

実際に背負ってみると、メッセンジャーバッグのような印象を受けますね。

肩掛け式なので当然ながらショルダーストラップは1本だけ。オーバーサイズの服を着ていてもヨレにくいし、リュックのような窮屈さはほとんど感じませんよ。

もちろん背負い心地も申し分なし! 背面にはしっかり柔らかいクッションが入っていて、背中にフィットする感覚が強いですね~。

防水性バッチリ! 素材は安心のX-PAC

素材にはアウトドアバッグなどによく採用されている、水と摩耗に強い素材「X-PAC」が全面に採用されています。

試しにザバっと水をかけてみると、さすがの撥水性! 急な天候の変化にも安心できそうです。

細かい使いやすさが詰まってるぞ

ショルダーストラップ部分とメインポケットの閉じ口には、引っ張るだけで開けられるFIDLOCK社製のマグネット式バックルがチョイスされていますね。

これが慣れるとリュックを下ろしたり背負ったりするよりも格段にスムーズ!あと、どこかタクティカルな見た目のバックル、個人的に好みです。

ショルダーストラップは下についたカラビナパーツでつけ外しできるので、左右どちらにも切り替え可能

利き手や気分、使い心地でストラップの左右を変えられるのはユーザーとしては嬉しいポイントです。

気になる収納力は

肝心の収納力もチェック! まずは、メインポケットから。

上部のロールトップからだけでなくサイドファスナーからもアクセスできるので、肩に掛けた状態からでもカンタンに荷物を取り出せます

メインポケットは思ったよりも広々していて、仕事で使う13インチのPC、メモノート、一眼カメラを入れても全然余裕。タオルとかも入りそうですね。

バッグが自立するほど強固なマチがあるので、カメラなどの大きくて重いモノもしっかり収まってくれますよ。

まだまだポケットはたくさん

メインポケットの内側についているのは完全防水ポケット

おまもりのような存在ですね。急な雨の時に、絶対に濡らしたくない電子機器や財布を入れておくのに便利です。

サイドにはボトルなどを入れられるホルダーが。この部分を水で濡らしてもすぐに乾いてくれました!

その上には、鍵や小物を収納できるカラビナつきポケットも。

これ以上いる?と思いつつバッグを裏返してみると、背面のクッション部分の裏にはメインスペースと同様に13インチのノートPCが入るポケットが!

ノートPCとタブレットの両方を安心して持ち運べそうですね。すべてのポケットに用途を見出せそうな、機能的なバッグなんじゃないでしょうか。

スリングバッグ、アリかも

アウターに干渉しにくいから厚着の季節でも心地良く使えちゃう「Modern Pack 16L」は、現在支援を募集中です。

いままでリュック一筋の人間でしたが、背負う時のスムーズさ、脇の下の開放感、豊富な収納力を体感してしまうと、この「次世代スリングバッグ」が魅力的に思えてきました。

カラーも4色で展開されているので、デザインや使い心地が気になってきた人はサイトをチェックしてみてくださいね~。

ミステリーランチの新作ショルダーバッグのちょうどよさがハンパない!

Ranking