ルーミーのセレクトする商品の基準は、「高いもの」「豪華なもの」ではなくて、「便利」で「心地よい」もの。
値上がりでゲンナリする気持ちも、工夫次第でどうにかなる。むしろ、あんまり価格のことは心配せず、結果的にはこれでよかった!となるようなチョイスをお届けします。

秋のアウトドアは服装が難しいですよね。

特に登山においては、雨だけでなく雪にも対応できるウェアがほしいところ。

過酷な状況にも対応できる万能シェル

MILLET「カメット ライト ゴアテックス ジャケット」61,600円(税込)

そんなニーズにマッチするのが、ミレーの「カメット ライト ゴアテックス ジャケット」。

透湿性の高い3レイヤーのGORE-TEXを採用したマウンテンパーカー(ハードシェル)です。

ご覧の通り、一般的なレインウェアよりフードの前立てが深くなっているので、冷たい風雨や雪を鼻の下までしっかりガード。

フードはヘルメットにも対応しているので、厚手のニット帽の上からも問題なく被ることができるんです。

また、逆に暑いときの対策もしっかり考えられており、脇下にあるベンチレーションで換気が可能!

ムレを軽減し、汗冷えを防ぐことができますよ。

他にも、手袋をした状態で操作しやすいマジックテープやファスナーなど、使いやすい工夫も盛りだくさん。

南アルプス「鳳凰三山 地蔵岳」11月

重量は510gと軽く、生地もかさばらないので、雨だけでなく降雪の心配があるこれからのシーズンにピッタリの一着です。

ザラザラで分厚い表地

一般的なレインウェアの表地はツルツルしていますが、冬山での着用を想定しているこちらのジャケットの表地はザラザラ

また、引き裂きや摩耗に強い丈夫なナイロンを採用することで、ピッケルやアイゼンなどで破れにくくなっているのもうれしいポイントです。

一般的なハイキング登山だけでなく、アイスクライミングやアルパインクライミングでも重宝しています。

ポケットは3つ

両サイドのハンドウォーマーポケットは、バックパックのウエストハーネスやクライミング用のハーネスに干渉しない少し高めの配置。

左胸にはスマホなどの小物を入れておくことができる内ポケットも付いています。

どんなシーンでも使える頼もしい一着

近年は、街着としてもよく見かけるようになったマウンテンパーカーですが、動きやすく風を通さないので自転車やバイクの愛好家にも人気なのだとか。

セーターやフリースなどの上に羽織れば、全天候型の防寒着としてさまざまなシーンで活用できますよ。

THE NORTH FACEの「クラウドジャケット」は、軽さと強さを両立した万能な一着なんです

ワークマンで「シワにならないジャケット」の進化版を発見!

Ranking