Photographed by 飯田あゆみ

ライフハッカー[日本版]より転載。

長時間のデスクワークの際に腰や背中にかかる負担を軽減し、前後左右に揺れる動きで体幹トレーニング! 仕事と運動を兼ねられる「ホースライディングチェア」が、machi-yaでプロジェクトを実施中です。

仕組みと理屈は納得できたのですが、その使い心地まではわかりません。早速お借りして、試してみました。

乗馬をヒントに開発されたワークチェア


こちらがイスの座面です。馬の鞍をイメージしてデザインされた独特のカーブが、立体的に体を支えてくれます。

座ってみると、仙骨あたりが椅子の中心で安定。背筋を伸ばそうと意識しなくても自然と良い姿勢がキープできてしまいます。


上の写真を見て、お分かりいただけるでしょうか。

椅子の座面を支えるステンレスのガススプリング部分は後ろに傾いていますが、座っている人間の中心軸は地面と垂直になっています。これが座りっぱなしの負担を軽減する楽な姿勢ということなのでしょう。

座ったままエクササイズ!


「ホースライディングチェア」の良いところは、このガススプリング部分が体の動きに合わせて一緒に傾いてくれるところ。

「セルフバランスメカニズム」によって、前後左右どの方向にも8°まで傾きます。その後、自然とセンターに戻ってくるよう設計されているのです。


おかげで、仕事に疲れてちょっと体を動かしたいときなど、その場でゆらゆら運動をすることで体幹を鍛えることが可能に。

私もやってみましたが、できるだけ体の力を抜いて、ぐにゃぐにゃの軟体動物になったつもりで揺れると、全身のあらゆる関節が定位置に戻ろうと整ってくる感覚があり、爽快でした。

シンプルで省スペース


「ホースライディングチェア」のいいところは、そのシンプルな構造です。背もたれやひじ掛けがついていないため、場所をとらず、机の下に収納できてしまいます。部屋を広く使いたいときには、とても便利です。


イス本体の軽さも注目したいポイント。多機能なワークチェアは結構な重さがあり、机にもっと近づきたいとか、ちょっと離れたいときなど、動かすのが一苦労だったのです。

その点、「ホースライディングチェア」は重さが7kgしかないため、位置の微調整や、掃除の際にストレスなく移動させることができました。

シンプルな構造ながら安定性も高く、いつまでも座っていられそうな「ホースライディングチェア」は、ただいまmachi-yaでクラウドファンディングを実施です。

今なら一般販売予定価格35,800円のところ、スーパー早割30%OFFの25,060円(消費税・送料込み)から支援可能です。在宅ワークが続く中、椅子の購入を検討されているなら、下記ページも併せて要チェックです。

シンプルかわいくて良いな…老舗オフィス家具メーカー「イトーキ」の家具は、勉強からテレワークまで使えちゃう!

Ranking