1

こちらは、(株)メディアジーンのコマースチームが編集・執筆した別企画の記事です。

Text and Photographed by にしやまあやか

そろそろ衣替えの季節ですね。しまっていた洋服を取り出して「あれ、この服こんなに色褪せていたっけ……? 」とガッカリすることありませんか?

特に色落ちが目立つのは黒いTシャツやロンT。そのまま着続けることもできますが、やっぱり黒は、真っ黒であればあるほど、清潔感があってカッコイイです。

仕方がないから買い替えを……となる前に、その“黒”を自宅で日頃からお手入れしてみませんか?

「ブラック&ファイバーリフレッシュ」おすすめポイント

・色褪せが目立つ衣類の“黒”が蘇る不思議なシート
・日頃の洗濯に取り入れやすいケアアイテム
・お気に入りの洋服を長く大切に着られる

そのお手入れ方法が、Dr.Beckmann(ドクターベックマン)の「ブラック&ファイバーリフレッシュ」。染料と酵素の力で、黒い洋服の色褪せやダメージをケアしてくれる不思議なシートです。

使い方は、黒い洋服を集めて、シートと一緒に洗濯機を回すだけ。簡単すぎてびっくりです。

使用可能な素材は、綿/綿混紡/麻/レーヨン/キュプラなどとのこと。けっこういろいろな素材に使えそうです。

箱を開いてみると、そこには真っ黒なシートが。

フェルト生地の布のようなシートに黒い染料が付いていて、洗濯すると水に溶け出す仕組みのようですね。

白いタオルがグレーになる

このシートはどれくらい染める力があるのか? 白いタオルで試してみると、真っ黒ではなく、少し青みがかったグレーに染まりました!

「真っ黒に染め直したいんだ! 」というよりはあくまでも「抜けてしまった色を補う」ためのアイテムということですね。

とっても簡単に「黒」のケアができたよ

「ブラック&ファイバーリフレッシュ」で黒い服のダメージがどれくらい戻るのか……?夏の間にたくさんお世話になった黒い服たちで試してみました。

用意したのは、Tシャツ2枚とデニムパンツ1本。先ほどのタオルの実験で青っぽくなることがわかったので、デニムも試してみました。説明書には「黒い衣類のみに使用するのがおすすめ」とありますので、試す際は自己責任でお願いしますね。

それでは、さっそく結果をご覧ください!

天候などの影響で撮影環境が少し変わってしまったので、参考程度にご覧いただけたら幸いです。

どれも劇的な変化ではありませんでしたが、全体的に少し色が濃くなった感じがしました。とくにTシャツは、何度も着てくたっとなっていた生地が少しパリッとしたような気もします。毛羽立ちが減って、買いたてのキレイさに近づいた気がしますよ。デニムは、やはり青が強くなったような。

酵素の力? 「つけおき」モード使用がおすすめかも

実は先ほどの洋服3枚は、2度シートと一緒に洗濯をしています。というのも、1回目ではあまり変化を感じられず……。そこで、Amazonの商品ページに寄せられているレビューを参考に再度トライ。すると、先ほどのような仕上がりになりました!

具体的には、下記の方法を試してみました。

①「標準」モード→「つけおき」モードを使用
②界面活性剤の割合21%の洗剤→54%の洗剤に変更
③常温の水→お湯を足してぬるま湯に。

シートに含まれる酵素の働きが強くなったのか? それとも繰り返しシートを利用したからなのか? 理由は定かではありませんが、満足できる結果になりました! その後、別の洋服3枚でも同様の方法でトライしましたが、こちらもうまくいきました!

正直諦めていた色褪せが自宅でこんなにも簡単にケアできるなんて……! 定期的に「ブラック&ファイバーリフレッシュ」を使えば清潔感のある“黒”を維持できるかも。お気に入りの洋服を捨てずに長く着られたら、お財布にも地球にも優しくていいことばかりです。

日頃のお洗濯にちょっとプラスするだけ。とっても手軽にケアできるので、ぜひ試してみてください。

なお、以下の表示価格は執筆現在のものです。変更の可能性がありますので、販売ページをご確認ください。

「ブラック&ファイバーリフレッシュ」おすすめポイント

・色褪せが目立つ衣類の“黒”が蘇る不思議なシート
・日頃の洗濯に取り入れやすいケアアイテム
・お気に入りの洋服を長く大切に着られる

引っ掛けてしまったニットを直すならCraftCafe ほつれ補修針が便利だよ

Ranking