3

ルーミーのセレクトする商品の基準は、「高いもの」「豪華なもの」ではなくて、「便利」で「心地よい」もの。
値上がりでゲンナリする気持ちも、工夫次第でどうにかなる。むしろ、あんまり価格のことは心配せず、結果的にはこれでよかった!となるようなチョイスをお届けします。

秋のキャンプの楽しみといえば、やっぱり焚き火ですよね。

できれば、その火を使って料理をしたいもの。そんなときに欠かせないのがこちらです。

焚き火専用クッカー「焚火缶」

DUG「焚火缶 3点セット」5,170円(税込)

DUGの「焚火缶 3点セット」は、焚き火を使った調理に特化したクッカーセット。

焚き火での使用に最適化されているので、吊り下げ用の取っ手が付いているだけというとことんシンプルなデザイン。

溶ける可能性のあるプラスチックなどは一切使われていないんです。

軽量なアルミ製ですが、少し厚みがありしっかりとした作りなので、焚き火の炎をガンガン当ててもへっちゃら。

使い込むうちに、味のある風合いに育っていきますよ。

焚き火用とガス用に分ける理由

「わざわざ焚き火用のクッカーを用意しなくても、ガスバーナーで使用しているクッカーでもよいのでは?」

と思う方もいるかもしれません。

実は、鍋やヤカンを焚き火にかけると、こんな風にすすけてしまうんです。

真っ黒に煤(すす)がついた見た目は、アウトドア感が増してカッコいいとも言えるのですが、一度こうなってしまうと洗ってもなかなか元には戻りません。

また、テフロンのような焦げ付き防止加工は、焚き火などの高温に対応していないため、剥がれてしまう可能性もあります。

なので個人的には、焚火缶のような焚き火に特化したクッカーと使い分けるのがベストなんですよね。

サイズは3種類

S・M・Lの3つのサイズがあり、それぞれ蓋にもなるフライパンがセットになっています。

S/本体:103H×127mmΦ(1160ml) 蓋:51H×122mmΦ(440ml)

M/本体:110H×153mmΦ(1880ml) 蓋:47H×146mmΦ(620ml)

L/本体:122H×180mmΦ(2960ml) 蓋:48H×175mmΦ(980ml)

各サイズ単品の販売はなく、SとMのセット、MとLのセット、S・M・Lのセットの4種類が発売されています。

Sサイズはソロに、Mサイズは2人分のラーメンやシチューなどの鍋料理に。

Lサイズは、4〜6名分のカレーやレトルト食品の湯煎などファミリーや大人数でのキャンプや登山にピッタリです。

また、各サイズの蓋は持ち手付きのフライパンとして使うことも可能! 煮炊きだけでなく、焼き料理も楽しめます。

もちろんすべて重ねて収納することができるので、持ち運びもかさばりませんよ。

焚き火調理でキャンプの楽しさが倍増

焚き火で調理ができるようになると、アウトドア感が増しキャンプの楽しさがよりアップ!

秋のキャンプは、DUGの「焚火缶」で焚火料理にチャレンジしてみませんか?

火力調節など手間もかかりますが、その分、うまくできたときの喜びはひとしおです。

コレがあれば、バックパックひとつで行く身軽キャンプでも焚き火料理を楽しめるよ

このランタン、まるで焚き火みたいだ……。

Ranking