1

スマホでなんでもできるようになった代わりに、スマホの充電がないとなにもできない……。

そんな不安がつきまとう中の救世主といえば、モバイルバッテリーですよね。

今回は、ROOMIEで人気だったモバイルバッテリーを2つ紹介します。

日常使いにピッタリのスペック

cheero 「Power Plus 5 10000mAh with Power Delivery 18W」 3,980円(税込)

決め手はサイズ・容量・価格の「ちょうど良さ」。

iPhone13なら約3回フル充電できる10000mAhの容量でもかさばらず、5,000円以内というバランスで選びました。

※Amazonでは売り切れになっているようですが、楽天ではブラックのみ在庫があるようです(2022年5月2日現在)。

サイズは、長辺約98×短辺46×厚さ約24mm、重さ約205g。大きすぎず小さすぎず、毎日使うのにちょうどいいサイズ&容量です。

iPhoneSE2と比較するとこんなサイズ感でかなりコンパクト。小さめのバッグにも入ります。

出力ポートは、USB-AポートとUSB-Cポートの2種類。

USB-Aポートは最大12Wの出力で、「AUTO-IC」にも対応。これは、接続デバイスを検知し常に最適な出力を供給してくれるcheeroの独自技術とのこと。

このおかげで、幅広い種類のUSB機器をフルスピード充電できますよ。

写真ではちゃんと写っていないのですが、「99%」と表示されています。

デジタル表示のインジケーターで、本体の残量が1%単位でわかるのも特徴です。

モバイルバッテリーにはライトで3段階程度の表示ものが多いですが、正直、1%と33%はかなりの違いですよね。

正確に把握できる分、こまめにチャージしようという気持ちになれるのもいいところです。

詳しくはこちら↓

ノートPCも充電できるAnkerのモバイルバッテリー

Anker「Anker PowerCore III Elite 25600 60W」9,900円(税込)

Ankerの「Anker PowerCore III Elite 25600 60W」は、最大60Wの高出力が可能な大容量モバイルバッテリー。

USB-PD対応のUSB-Cポートを搭載し、PD給電に対応したノートPCであればフルスピード充電ができるんです。

普段持ち歩いているMacBook Air(2020 M1)の場合は、ほぼ空の状態から1回満充電することができました。

また、iPhone8は、2回のフル充電に成功!

バッテリー消費の激しい動画編集なども、残量を気にすることなく安心して作業することができるようになって大助かりです。

複数の機器に対して、同時に急速充電ができるのもすごいところ。

60Wの出力が可能なUSB-Cのほか合計15Wの出力が可能なUSB-Aポートが2つ搭載されているので、PCと一緒にスマホやタブレットなどの充電もできてしまいます。

容量:25600mAh

重量は約‎568gと決して軽くはないのですが、ペットボトル飲料1本分ほどの重さで安心感を得ることができると思えば、むしろ軽く感じるほど。

旅行ではスマホの他にデジカメやハンディ扇風機。キャンプや登山などのアウトドアには、ヘッドライト・トランシーバー・アクションカムなど……。

充電が必要なものって意外と多いですが、これ一台でまかなうことができます。

詳しくはこちら↓

本気度が伺えるアウトドア仕様のモバイルバッテリー

エレコム 「NESTOUT モバイルバッテリー」 4,980円(税込)

サバイバルな雰囲気が魅力の、「NESTOUT モバイルバッテリー」。

PC周辺機器などで有名なエレコムが、アウトドア向けのモバイルバッテリーを作るとこうもカッコよくなるのかと。

容量5,000mAhの最小モデルを選びました。

防塵防水等級はIP67、過充電・過放電など6つの保護機能に、バッテリーの心臓部を守る耐衝撃構造と頼もしさ満点。「NESTOUT モバイルバッテリー」シリーズの本気度を伺わせる充実の機能です。

見た目の無骨さとは違って、ランプやボタン操作はエレコムらしくシンプルで機能的です。

電池の容量ランプは5段階なので残量が把握しやすくなっています。

また、電源のオンオフ・モードの切り替え・残量チェックはボタンひとつですべて操作できてシンプル。

USB-AとUSB-Cの2ポートは同時使用が可能です。

ポート同士の間隔も十分にあるので、よっぽど変なコードじゃない限り干渉して2本同時に挿せない……というようなことはないはず。

詳しくはこちら↓

Ankerの「高出力モバイルバッテリー」が旅行やアウトドアで頼りになる理由。

Ranking