こちらは(株)メディアジーンのメディアコマース・チームが編集・執筆した記事です。


Text by Hirokazu Tanaka

行楽の秋ですね。そして今まさにAmazonタイムセール祭りの真っただ中。アウトドア派が、このタイミングでやるべきことといえば、キャンプ用品を買い揃える以外にないでしょう!

というわけで、身軽にソロキャンプを楽しむための軽量キャンプグッズを6つピックアップしてみました。これからキャンプを始めてみたいという人も、ぜひチェックしてみていただければ。

なお、以下の表示価格は執筆現在のものです。変更の可能性がありますので、それぞれの販売ページをご確認ください。

安全にバーナーを使って優雅なひと時を

画像

ZEN Campsの「遮熱板テーブル」は、SOTO ST-310、SOTO ST-330 Fusion、Iwatani ジュニア コンパクトバーナー、Iwatani マイクロストーブ、トランギア アルコールストーブなど、人気のバーナーにセットすることができるテーブル兼遮熱板。

3本脚仕様なので、重量がある飲み物などを乗せても安定感があり、さらに遮熱板として機能するので、輻射熱でボンベが爆発するリスクを軽減してくれます。

SOTO ST-310など、CB缶(家庭用カセットコンロボンベ)を利用するバーナーのために、CB缶専用の遮熱カバーが付いてくるのも、うれしいポイントですね。

焚き火の揺らぐ炎を見ながら充実のキャンプを

画像

TokyoCampの「焚火台」は、コンパクトに折りたためるのが特長。使い勝手の良さに定評があり、無期限保証も付いているので、安心して購入できる焚き火台です。

これから夜が冷えてきますし、ナイトキャンプを楽しみたいなら用意しておきたいところでしょう。

ソロキャンプ飯の必需品メスティン

画像

一時期、弁当箱として使うのが流行ったメスティンは、キャンプの万能調理器と言われるクッカー。ご飯を炊くのはもちろん、鍋、蒸し器としても活用できるし、アルミ製なので軽量というところも見逃せないポイント。

VASTLAND(ヴァストランド)の「メスティン」は、アルマイト加工を施し、あらかじめバリも取ってくれているので、すぐに使える仕様です。

運搬時には、小物類の収納ケースとして活用することもできますよ。

軽量チタン製のマグカップ

画像

こちらもVASTLAND(ヴァストランド)製の「マグカップ」。軽量なチタンでできていて、二重構造なので保温性、保冷性に優れているのが特長。

断熱効果があるため、熱い飲み物を入れても持ちやすいというところも、見逃せないポイントですね。

ただし直火にかけると、二重構造の内部が膨張して破裂してしまう可能性があります。この点にはご注意を。

携帯性に優れた軽量折りたたみチェア

画像

Viaggio+(ヴィアッジオプラス)の「アウトドアチェア」は、約1kgという極めて軽量な折りたたみ仕様にもかかわらず、安定して座れる背もたれ付きのチェア

組み立て式になっていますが、一度手順を覚えれば、次からはカンタンに素早く設営、撤収できます。

収納袋が脚部にセットしておけるところも、地味にありがたいところですね。

コンパクトで携帯性に優れたランタン

画像

同じくViaggio+(ヴィアッジオプラス)の「ランタン」は、最大光量が220ルーメンなので必要最低限ギリギリというところですが、懐中電灯としても使えるので、極限まで荷物を軽量化したいという人にピッタリの仕様

予備電池も含めて計3本充電池が付属してくるところも、心強いところですね。

ちなみに、電源に使っているのは18650リチウムイオン充電池。パッと見は乾電池に似ていますが、サイズも違いますし互換性はありません。本体にセットして付属のUSB-Cケーブルで充電するか、市販の専用充電器を使って充電しましょう。

Source: Amazon.co.jp(1, 2, 3, 4, 5, 6

Ranking