3

ROOMIEでもたびたび紹介されている「おにやんま君」をご存じですか?

おにやんま君 1,375円(Amazon参考価格税込)

オニヤンマは虫を食べるハンター、アブやハエや蚊など多くの虫がオニヤンマを見つけたら逃げるらしいです。

そこで、オニヤンマの等身大フィギィアである「おにやんま君」を、帽子やバックパックに着けることで、虫が来ないようにする。

要するに、つけておくだけの虫の忌避グッズです。

おにやんま君、ストラップ取り付けタイプ

私も使ってみました。

効果はあると思いますが”効果を数値で示せ”と言われると、なかなか難しいですね。

それよりも、オニヤンマに守ってもらっているという状況が、なんだか楽しい気分になります。

山や川で出会った人との話のタネにもなりそうです。

もっと活躍してもらっちゃおう

そんな「おにやんま君」に、キャンプや登山だけでなく、園芸でも活躍してもらっちゃいましょう。

私は植物が好きで、盆栽を始として、いろいろな種類を育てています。

無農薬で育てたいとは思うのですが、経験した人ならわかると思いますが、虫害はとても多く、ある程度の消毒は必要になります。

私の庭で厄介なのは、①柑橘類を好むアゲハチョウの幼虫、②クチナシを好むオオスカシバの幼虫、③春と秋に多くの植物に付くアブラムシ。

マンション1階の庭とベランダで育てているので、周りの迷惑にならないように、風のない日の早朝などを選んで消毒するようにしています。

薬剤を撒いて虫を防ぐというのは、なんだかとても古い園芸スタイルという感じがするので「おにやんま君」に守ってもらいましょう。

おにやんま君、庭で活躍!

前から見た「おにやんま君」のこの角度がカッコいい〜。

今年は春にアブラムシ対策の消毒をしたのみ! アゲハチョウとオオスカシバは産卵に来ていないようです。

さまざまな要因が考えられるので、しっかりとは言い切れませんが、「おにやんま君」のおかげもきっとあるはず、グッジョブ!

新しい園芸スタイルだと思ってます。

オニヤンマが好きな人、ベランダで植物を育てている人、虫や消毒が苦手な人にはオススメですよ。

頼りになるし見た目もかっこいい「おにやんま君」を1度試してみてくださいね。

肥料でも農薬でもない「メネデール」が、わが家の植物を元気にしてくれた!

「植物を枯らさない」植木鉢!無印良品の新作アイテムのおかげで、観葉植物が育てやすくなったんだ〜

Ranking