1

こんな巾着バッグが欲しかった! たくさん入れても型崩れしないし、どんな服にも合わせやすいって最高じゃない?

最近、ROOMIEで注目度上昇中なドリンクウエアブランド「RIVERS

手軽さや保冷・保温性に優れたこのブランドのアイテムは、秋口からも大活躍してくれそうです。今回は「RIVERS」の買ってよかったアイテムを3つピックアップしてご紹介します。

“ボトルの持ち歩き方”をもう迷わないバッグ

RIVERS 「ショルダートートバッグ」 4,070円(税込)
※ナチュラル、タン、オリーブ、グレーの4色展開

ボトルを持ち歩く時、バックパックならサイドポケットが付いていてそこに収納すればいいのですが、ショルダーバッグだとなかなかボトルや筒状のものを入れられるポケットは付いていません。

真空断熱ボトルではなく、夏場に冷えたペットボトルを出先で購入した時には結露してバッグの中の他のものを濡らしてしまうのも気になります……。そんな悩みを解決してくれるのが、RIVERSの「ショルダートートバッグ」。

このバッグは、コットンを使った厚みのあるしっかりとしたキャンバス生地ですが、硬さはあまり感じない、しなやかな生地感です。

15.4インチのMacBookProが収まるので、一日分の荷物を入れても余裕があるな〜と感じるサイズ感。すでに使いやすくて大満足なんですが、このバッグの特徴は外側にあります。

このバッグの外側には2つサイドポケットがついていて、こちらにはボトルを。

反対側のこちらにはスナップボタンがついているので、スマホなど頻繁に取り出すものを入れておけば飛び出しにくく、素早く取り出せます。

サイドポケットが付くとこんなに快適になるのか〜! と、感動したRIVERSのショルダートートバッグ、ボトルの持ち歩きに最適ですよ。

もっと詳しいレビューはこちら:

容量500mlでたった200gの「超軽量ステンレスボトル」

RIVERS 「バキュームフラスク ステム(ボトルリーシュあり)」 3,300円(税込)
※ベージュ、カデットブルー、シルバー、タン、ブラックの5色展開

いままでさまざまなブランドの商品を使ってきた中で「そこそこ容量があって軽いものがいいな〜」と思うようになりました。そこで選んだのは、RIVERSの超軽量ステンレスボトル「バキュームフラスク ステム」。

このボトルを選んだ最大の理由はこの軽さ。500mlのボトルだと300g台の商品が多い中、こちらはブランド公表値が驚きの約200g

ステンレスの厚みを極力薄くすることで実現しているこの軽さ。薄いステンレスは軽いだけではなく、内瓶と外瓶の接地面積が小さくなることで、熱伝導が減少して保温保冷力が大幅にアップしてくれるという利点も。

真空部分の内壁にコッパーコートが施されていて、銅で遠赤外線の熱線によって伝わる熱も遮断しているという徹底されたつくりになっています。外部からの熱を遮断し、飲み物の熱も逃がさないんです!

ちなみにボトルリーシュをカラビナに付け変えて、簡単なカスタムも楽しめちゃいます。

もっと詳しいレビューはこちら:

夕方まで冷え冷えをキープできちゃうポット

RIVERS 「サーモジャグキート(1200ml)」 5,829円(税込)

節電対策のピークは切り抜けたとはいえ、無理なく「手軽に節電対策」ができるなら、もうすこし続けようかなと思っています。

ちょっとした節電対策として取り入れた「サーモジャグキート」は、保温・保冷に優れている卓上魔法瓶ポットなんです。

見た目がスタイリッシュなので、リビングや仕事机に置きっぱなしでも違和感がありません。

さらに、サーモジャグ「キート」はステンレス真空断熱2層構造で、飲み物の温度をしっかりキープしてくれます。保温効力は56℃以上(10時間)、保冷効力は7℃以下(6時間)とのこと。

夏場の朝7時に冷えた麦茶を入れたのですが、夕方15時になってもちゃんと冷えていました! 冷蔵庫から麦茶ポットを取り出す手間が省けるだけでなく、ちょっとした節電対策にもなるというわけです。

使い方は簡単で、真ん中のボタンをぽちっと押すだけで注ぎ口が開閉できます。

蓋は3つに分解できるので、しっかりと細かい部分までお掃除できます。残念ながら食洗機はNGなのですが、かなりの大口径なので、中に手を突っ込んでごしごし洗えますよ。

もっと詳しいレビューはこちら:


好みの温度に設定できる&保温機能付の電子ケトルもおすすめだよ~


たった3分で飲みやすい温度になる「猫舌用タンブラー

Ranking