1

バックパックひとつで行くようなミニマムなキャンプでも、焚き火料理を楽しみたい!

そんなときに重宝するのが、このアイテムなんです。

携帯性に優れたトライポッド

DUG「焚火缶 トライポッド」3,190円(税込)

DUGの「焚火缶 トライポッド」は、焚き火の上にクッカーやケトルを吊るすことができる三脚。

一番の特徴は、なんと言ってもこの軽さ!

アルマイト加工済みのアルミニウム製で、わずか423gしかありません。収納サイズも、すべてのパーツを片手でつかめてしまうほどコンパクト。

収納ケースも付属

これなら登山やツーリング、沢登りなどにも気軽に持っていくことが可能です。

「焚火缶」のようなクッカーや軽量な焚火台と組み合わせれば、バックパックひとつのキャンプでも簡単に焚き火料理を楽しめちゃいます

※使用する場合は、焚き火が許可されている場所にて決められたルールに従ってください

組み立てもラクラク

9本に分かれている脚はすべてねじ込み式で、誰でも簡単に組み立てることができるのも大きな魅力。

吊り下げ用のステンレスチェーンは上部のストッパーを利用することで、火と鍋の距離を調整できます。

チェーンの穴を利用するギミックは、さすがアウトドアメーカーですね。

スノーピークの焚火台Mでピッタリ、Lサイズは厳しいかも

組立時のサイズはD530×H795mm

持ち運び用のコンパクトな焚火台なら問題なく使えると思いますが、念のため、購入前に確認することをおすすめします。

焚き火以外のシーンにも

携帯用に特化したトライポッドですが、ランタンや蚊取り線香などいろいろなアイテムをかけることも可能です。

耐荷重は5kg

ひとつ持っていると、魚釣りやファミリーキャンプなどさまざまなシチュエーションで活躍してくれますよ。

Amazonで見つけた「焚き火シート」も、想像以上に使いやすかった!

キャンプで使いたい「エプロン」は、デニム素材のこれに決まり。

Ranking