Text by サオル

ずっと使い勝手のいいキッチンバサミを探していましたが、「よし! これを使ってみよう」と購入したのが「ヴェルダン」のキッチンバサミです。

お値段2,000円代の値ごろ感も魅力。デザインもカッコいい

下村工業「ヴェルダン キッチンバサミ OVK-2」※楽天価格1,870円(税込)

新潟県三条市にある下村工業がつくるブランド「ヴェルダン」には、キッチンバサミがいくつかありますが、今回はOVK-2という製品番号のもの。お値段はどの通販サイトでも2,000円代がほとんど。高すぎず、安すぎずというところも魅力的です。

持ち手も含めてステンレス製で、錆びにくいのもありがたいです。重さを測ると185グラム。ずっしりしていますが、その分安定感があります。

持ち手の部分も握りやすいデザイン。キラッと鏡のような仕上がりで、カッコいいところも気に入っています。

刃先も持ち手も丸ごと洗えて衛生的! 

左右の刃先を90度以上に広げると、パーツが外れるようになっています。くっつけるときも90度の角度で合わせるとはまります。

このキッチンバサミの特徴は、左右のパーツを分解できること。左右を90度以上に大きく広げるとパコッと外せるようになっています。

だから刃も持ち手も、丸ごと隅々まで洗いやすいんです。もちろん、洗ったあとも、布巾で拭きやすいのでお手入れはバッチリ。

ハンマーで叩いて形づくる「鍛造」という技術が用いられているから無駄な凹凸がありません。すみっこに汚れが付着したり、プラスチック部分が劣化したりしないので、長く気持ちよく使えそう。

キッチンの道具は清潔に保てるかどうかも道具選びのポイントですよね。

固い春雨やぬるつく鶏肉の皮もサクっと

早速、いろんなものを切ってみました。

まずパクチー。リズミカルにチョンチョンと切れます。当然問題なし。

次は戻す前の春雨。歯が春雨を捉えるまで少し力が必要でしたが、そのあとはお手のものといったところ。

そして鶏の胸肉を細切りに。包丁で切るとき、ぬるっとして、扱いが面倒な皮も一緒にサクサク切れて楽ちん。断面も包丁で切るときと大きな差は感じません。

また、骨つき鶏もも肉を調理する機会があり、「『ヴェルダン』のキッチンバサミで、この骨は切れるのかな?」とチャレンジしてみたところ……予想以上にあっさり切れて、キッチンバサミへの信頼感がぐっと増しました!

栓抜きとしても使えます

ちょっとしたコツがいりますが、3回ぐらいで慣れます。

栓抜きや瓶のオープナーとしても使えるのも地味に便利なんです。こちらもチャレンジしてみました。

刃先を少し広げて、ハサミの中央を栓の王冠に添わせたら、王冠の傘の部分に引っ掛けてくいっと持ち上げればOK。最初は2、3度滑ってしまいましたが、コツを掴むと使いやすい角度がわかるようになります。

これは一生モノになるかも。

マーナのキッチンバサミで「お肉切りにくい問題」を解決!

キッチンでも大活躍! 「たおれんシート」を敷くだけであのプチストレスが激減|

Ranking