最近はネットだけでなくコンビニやスーパー、ファミレスなどでも目にするようになった「糖質カット」や「糖質制限」の文字。どうやらダイエットには糖質をコントロールするのがいいようです。

ブランパンや糖質オフ麺など、あらゆる糖質カットの食材が出てくるなか、筆者が気になっていたのは、糖質をカットしてくれる炊飯器。白米好きとしてはたまらなく嬉しい一品です。

でも、糖質オフの食材の中には、「なんとなく物足りない」と感じるものもあります。ダイエット中だからと言って、あんまり美味しくないものは食べたくないじゃないですか。できれば我慢せずにダイエットを続けたいのです。

スタイリッシュなデザインの糖質カット炊飯器

LOCABO 「糖質カット炊飯器 LOCABO」

LOCABO 「糖質カット炊飯器 LOCABO」 ¥24,000(税込)

普段のお米で糖質を最大45%、カロリーを最大44%カットしてくれる(※SGS認証による)LOCABO「糖質カット炊飯器LOCABO」

独自製法の“LOCABO炊き”によって、糖質カットとお米本来の美味しさの両立を実現させているのだとか。

本体の蓋を開けてみると蒸し器のような構造になっていました。なるほど、これが炊飯時に発生する糖質(デンプン)がお米に付着しないようにする工夫なのですね。

シンプルな操作性で使いやすい!

「糖質カット炊飯器 LOCABO」外釜

糖質カットモード時に炊ける合数は最大2合。(通常炊飯時:最大5合)

通常炊飯では内釜は使いませんが、糖質カットモードでは内釜と外釜の両方を使用します。

まずは外釜に目盛りの線まで水を入れておきます。

「糖質カット炊飯器 LOCABO」計量カップ

付属の計量カップ

「糖質カット炊飯器 LOCABO」内釜

次に内釜へ、お米を平らになるように投入。

「糖質カット炊飯器 LOCABO」にお米をセットした様子

これらを本体にセットして、メニューから「糖質カットモード」を選び、「ふつう」と「やわらかめ」のどちらかからお好みの硬さを決めてスタートボタンを長押し。後はもう炊き上がりを待つのみです。

糖質カットモードは通常炊飯とは違って内釜も使用しますが、だからといって特別手間が増えるという感じはありません。

強いて言うなら、炊き上がった後の洗い物がひとつ増えるくらいかな? ただ、内釜も外釜も食洗機使用OKなのでお手入れは簡単です!

「糖質カット炊飯器 LOCABO」でお米が炊き上がった様子

45分程度で2合分のご飯が炊き上がります。ちなみに1合でも炊飯時間は変わらず。

炊飯後の「糖質カット炊飯器 LOCABO」

炊き上がった後、炊飯器の下部分(外釜)を見てみると、乳白色の水が溜まっています。

こんなに糖質を落としてくれているのかと思うと嬉しくて、この水を捨てるたびにニヤニヤしています(笑)。

甘さは控えめ。ご飯の粒感を感じられるもちっとした食感に大満足!

「糖質カット炊飯器 LOCABO」

甘さは控えめで、後味はあまり感じられません。ただ、しっかりとしたご飯の粒感と、もちもちとした食感があるので、満足感はじゅうぶんです。

粒が独立していて水分量がやや少ない印象なので、チャーハンにしたらテクニック要らずでパラパラの仕上がりになりそう! ただ、おにぎりにするにはやや不向きでした。しっかり握らないと崩れてしまうので注意です!

普通炊飯のご飯と比べると、全体的にあっさりとした印象だと思います。水分をしっかりと含んだご飯の粘り気と、後味まで感じる甘みを味わいたいという“通”の人は、やや物足りなさを感じるかもしれません。

でも、私も相当なご飯大好き人間ですが、何も言わずに出されたら気づかないかも……(笑)。そのくらい高いクオリティに炊き上がります。

取り扱い説明書によると、糖質カット炊飯は長時間の保温をすると食感や味が落ちてしまうため、はやめに食べた方がいいとのこと。なるべく炊きたてを食べるのがいいのでしょうが、個人的な感想としては冷凍したものでも美味しくいただけました。

本体は小さめで、収納場所に困らないのも嬉しい

「糖質カット炊飯器 LOCABO」収納時の様子

本体サイズは奥行22cm、横25.5cm、高さ22cmと比較的コンパクト。わが家はキッチンが小さくて炊飯器を出しっぱなしにできないので、収納場所に困らないというのはかなり嬉しいポイントでした。

「ダイエット中なので糖質を抑えたい。でも美味しいご飯も楽しみたい」このわがままを叶えてくれるLOCABO「糖質カット炊飯器LOCABO」、もう手放すことはできないかも。

Ranking