1

ソロキャン用のテントを探していたところ、超高性能な一点に出合ってしまいました。

FUTURE FOXの「FOXーBASE」

秋冬にまで活躍するほか、このテントの仕様は、細部までソロキャン民に寄り添ってた……!

サイドウォールで“秘密基地感”を満喫する

ソロ用パップテント「FOX-BASE」29,800円(税込)

それは、FUTURE-FOXのソロ用パップテント「FOX-BASE」です。

FUTURE-FOXは、2020年4月にスタートした信州発のアウトドアブランド。

TC素材を採用している
高さ150cmの開放的な前室があり、一般的なパップテントよりも解放感がある

などの特徴があります!

サイドウォールで自分だけの空間をつくりあげるも良し、サイドウォールを開けて、前室の広さを生かしたより開放的なスタイルを楽しむも良し。

好きな場所に、自分好みの秘密基地を気軽に設置できる、そんな魅力的なアイテムなのです。

まわりの景観に溶け込む色・質感も◎!

「焚火」がより快適に

FUTURE FOXの「FOXーBASE」

TC素材(ポリコットン素材)は、不燃性と防水性に優れているのが魅力。

火の粉に強いため、焚火をより快適に楽しむことができます!

といっても、穴が空づらいだけで完全に燃えない素材ではないので、その点は十分にご注意ください。

また、TC素材は遮光性・通気性にも優れているんですよ。

スカート付きで幅広いシーズン対応

FUTURE FOXの「FOXーBASE」

テントの裾にはスカートと呼ばれる、冷気を遮断する裾を採用しています。

下からの風を防ぐため、肌寒く感じる季節も大活躍!

FUTURE FOXの「FOXーBASE」

気温が低くなってきたとき、このスカートがあるのとないのでは体感温度が全く異なります……。

これからの季節に使えるソロ用テントの購入を検討している人におすすめです!

インナーテントが付属!

FUTURE FOXの「FOXーBASE」

吊り下げ式のインナーテントが付属しているのもポイント!

まだ筆者はインナーテントを使用していないのですが、夏場など虫が気になる季節にはぴったり。

FUTURE FOXの「FOXーBASE」

コットを置いてある場所に設置が可能です。

幅90cm×長さ190cmという底面サイズなので、ローコットもすっぽり入るサイズ感

ゆとりのある収納袋が嬉しい

FUTURE FOXの「FOXーBASE」

テントを頑張って収納しようとしても、収納袋がパツパツになってなかなか入らない……ってこと、ありますよね。

このテントの収納袋ははじめからゆとりを持たせているため、その点でもノーストレス!

細部まで使い勝手がよく、今後ソロキャンのときは手離せない相棒となりそうです。

ソロ用パップテント「FOX-BASE」

ビクトリノックス×モンベルのマルチツールは、まるで小さな工具箱みたい!

Ranking